2022年3月20日 (日)

北尾まどか女流二段からさらに画像が届きました。

Image_504069001 (鈴木九段が出題した詰将棋の解説をする)

Image_50404865001 (控室では、広瀬八段と中村太七段が検討。▲2三金に△同玉▲1三角成△3二玉▲4四香△2五桂▲3三歩の変化を調べている)

Image_50438145001(こちらは▲2三金に△4一玉▲3三桂成△2四銀▲3二金△5二玉▲4二成桂△6一玉の変化手順だ。実戦も永瀬王座が△4一玉としたので、このように進みそうだ)

(銀杏)

20220320g

図は87手目▲2三金まで。渡辺棋王は42分の長考で金捨ての強打を放ちました。駒のタダ捨てはリスクの高い手なので、先の見通しが立たないと指せません。渡辺棋王の自信が指し手に表れているといえそうです。
△2三同玉に▲1三角成△3二玉▲4四香と再び後手に取られる駒を打つのが好手とみられています。▲4四香は後手玉を狭くして▲2三角からの詰めろ。△4四同銀なら▲5七馬と竜を素抜くことができます。永瀬王座は「長考の半分返し」で21分の考慮の末に△4一玉と逃げました。渡辺棋王としてはパンチが入った格好ですが、永瀬王座は5筋から7筋方面に逃げ越そうとしています。場合によっては7四の銀も受けに利いてきそうです。 (銀杏)

20220320h

Dsc_8368

北尾まどか女流二段から大盤解説会の写真が届きました。その写真を紹介いたします。 (銀杏)

Image_50412289 (大盤解説会で次の一手が出された)

Image_50370305001 (鈴木九段が抽選する)

Image_50445825 (解説会の様子)

Image_50411777 (鈴木九段と広瀬八段による解説)

Image_50406913 (控室では梶浦宏孝七段が検討している)

20220320f

図は83手目▲3三歩の局面。先手は駒得しながら調子よく攻めていますが、後手に手番が回ると△8六歩と銀冠の弱点を突かれてしまうため、しっかりポイントを挙げていく必要があります。「永瀬さんがいいプレッシャーのかけ方をしています」と木村九段。続けて「▲3三歩△同桂に▲2四角で決まるかどうか」。
▲2四角に△4七竜なら▲1三角成で▲1四馬から▲3三桂成(後手の応手次第では▲3三桂不成)の王手で竜を素抜く筋があります。
永瀬王座は△3五銀と投資して受けました。これなら▲1三角成から▲1四馬とされても竜を素抜かれることはありませんし、攻撃力はダウンしても△8六歩は依然として厳しい狙いです。渡辺棋王の考慮中に17時を過ぎました。▲1三角成△8六歩の進行では、攻守が入れ替わりそうなので、先手は工夫がいります。

(銀杏)

Dsc_8660 (反撃を楽しみに受ける永瀬王座)

Dsc_8791 (11月から3月は日光東照宮の受付は15時30分まで。記者が訪れたときは受付が締め切られていた)

Dsc_8810 (左に入ると日光二荒山神社の参道)

Dsc_8816

Dsc_8833 (日光二荒山神社は大己貴命(おおなむちのみこと)、田心姫命(たごりひめのみこと)、味耜高彦根命(あじすきたかひこねのみこと)を祀る)

【日光二荒山神社】
http://www.futarasan.jp/

(銀杏)