2020年3月17日 (火)

Dsc_1074 (感想戦後は、渡辺棋王に改めてインタビューが行われた)

――改めまして、8連覇を達成されたいまのお気持ちを聞かせてください。

渡辺 本田さんとは初手合いだったので、かなり珍しいタイトル戦というか、手探りの状態から始まるシリーズにはなるかなと思ってたんですけど。それで、1、2局とやってみてある程度、感触はつかめたかなと思うので、そこからまた対策を立て直して、それが結果的にはうまくいったかなと。

――本田五段は、デビューから1年4ヶ月という、史上二番目の早さでのタイトル挑戦でした。戦っての印象はいかがでしたか。

渡辺 やっぱり若い挑戦者はいつも勢いがあるので、その辺りは警戒しなきゃいけないなと思いました。実際、第2局は完敗だったので。まあそれで、1、2局やって、第3局以降にそれは生かせたかなと思います。

――本田五段の得意戦法である相掛かりは、やはり戦いづらいと感じられましたか。

渡辺 そうですね、第2局は一回やってみたんですけど、ちょっとうまくいかなかったので、今回は外そうかなと。

――棋王位は今日防衛されましたが、王将戦七番勝負第7局と名人戦七番勝負がこの先まだあります。

渡辺 1月からタイトル戦が始まって、どれもなかなかリードが広げられずにすごい苦しい展開だったんですけど、ようやく一つ大きな結果が出せたので。防衛戦を二つやっていると、一つ結果が出るまではかなり大変な思いをしますので、そういう意味では今日は結果が出てよかったです。年度内にまだタイトル戦で大きい対局が残ってるので、春以降のことはそれが終わってから考えたいかなと。考えるといっても、2週間ほどしか間がないですけど。そういう意味でもやっぱり今日は結果を出せてよかったというか。本当の年度末までやっていると、結構きついので。

Dsc_1083

――今回は1勝リードしての第4局でした。負けると2勝2敗になってしまうわけですが、どのような気持ちで迎えられましたか。

渡辺 第2局にこの先後(後手番)で負けで。遅かれ早かれ、どうしても後手番は勝たないとなかなか防衛という結果にはならないので、第2局で1局やってみたのを踏まえて、どういう作戦がいちばん率が高いかということを考えて今日は臨みました。

――負けたらどうなるということはあまり考えませんでしたか。

渡辺 タイトル戦、しかも防衛戦が二つフルセットになっちゃうと、それはかなり精神的にきついなとは思ってやってました。二つとも負けてしまう可能性は早く消しておかなければいけないと思ったので。あとにいけばいくほど、結果も含めてきつくなっていくだろうなと。ここで決められたらいいなということは考えてましたね。

――今年度は各棋戦で挑戦者のタイトル奪取が続きました。そんな中で渡辺棋王は8連覇を達成されたということで、シリーズが始まる前に何か意識されていましたか。

渡辺 そういう将棋界全体の流れについてはあまり考えてなかったですね。

――そうすると、気持ちの面ではいままでと特に変わりはなかったですか。

渡辺 そうですね、ただ、防衛戦を二つ同時に行うというのは久しぶりでしたし、そういう将棋界全体の流れというのも確かにあるので、そこはやっぱりかなりきつい思いはするだろうなということは意識しながら1月からやってました。

Dsc_10922

――AbemaTV、ニコニコ生放送で棋王戦をご覧になっていた視聴者の皆様にメッセージをお願いします。

渡辺 棋王戦は2月から始まって、長い戦いだったんですけれども、今日結果を出すことができてほっとしているところです。8連覇ということで、かなり長い年月持たせていただいているタイトルですし、棋王のみの一冠になってしまったときも、棋王の防衛から巻き返すきっかけが作れました。今期が終わったばかりですけれども、さらに連覇記録を伸ばせるようにしたいというのが目標です。近いところでは、3月、4月とタイトル戦が続いていくので、それに向けて頑張りたいと思います。将棋ファンの皆様には、引き続きタイトル戦に注目していただければと思います。ありがとうございました。

Dsc_1108

以上で本局の中継は終了です。ご観戦ありがとうございました。第46期棋王戦もよろしくお願いいたします。

(睡蓮)

Dsc_0986 (終局直後の対局室。両対局者はすでに言葉を交わしていた)

Dsc_0992 (棋王位8連覇を達成した渡辺棋王)

Dsc_1001 (本棋戦初参加にして素晴らしい活躍を見せた本田五段だが、快進撃はここまでとなった)

Dsc_1003 (主催者インタビューに応じる)

Dsc_1010

◆渡辺棋王の談話

――途中はかなり難解な将棋だったかと思いますが、いかがでしたか。

渡辺 そうですね、序盤から手将棋になって、分からないところが多いなと思いながら指してました。

――優勢を意識されたのはどの辺りですか。

渡辺 △9八飛成(76手目)と竜ができた辺りですかね。9筋が破れたので、指せてるとは思いました。

――シリーズ全体について振り返っていただけますか。

渡辺 第2局は完敗してしまったので、第3局から立て直せるかどうかというところを課題としてやってたんですけど、その辺りがうまくいったかなと。

――棋王位は8連覇となりました。

渡辺 ここまでくるのは大変でしたし、一つ伸ばすのも大変なので、そうですね、気づいたらもうここまできていたかという感じではあります。

――今年に入ってからはお忙しくされていて、これからも王将戦七番勝負第7局、名人戦七番勝負と続きます。抱負をお願いします。

渡辺 そうですね、2月、3月は結構大変なところが多かったので、こうして一つ大きな結果が出せたのはこれからの励みになります。まだ年度内も大きな対局がありますけれども、それに向かって頑張りたいと思います。

Dsc_1017

◆本田五段の談話

――本局は先手番で、序盤から中盤はいかがでしたか。

本田 よく分からなかったですね。バランスを取れるかどうかという感じで、互角くらいはあってくれたような気がするんですけど、いきなり駄目になっちゃったので、ちょっと……。

――駄目になってしまったというのは、どの辺りでしょうか。

本田 9筋に飛車を回られて(64手目の△9四飛)、5六の馬も浮いていて、ちょっと配置が悪すぎてどうしようもないことに。途中は難しそうな気もしてたので、そこでバランスを取れなかったのが残念です。

――そういう意味では、悔しい敗戦になりますか。

本田 そうですね、中盤まではもうちょっといい将棋にできる内容だった気もするので、いきなり終わってしまったのが悔やまれます。

――初めてのタイトル戦出場はいかがでしたか。

本田 自分の実力からすると、第4局までこられたこと自体、よくやれたといえるのかもしれませんが、もうちょっとやっていたかったなという思いもあります。

――今後の課題も見えてきたというところでしょうか。

本田 そうですね、実力をつけて。

Dsc_1023

(睡蓮)

20_04e

棋王戦第4局は17時47分、96手で渡辺棋王が勝ちました。消費時間は、▲本田3時間40分、△渡辺3時間18分(持ち時間は各4時間)。この結果、渡辺棋王が3勝1敗でシリーズを制して防衛。棋王8連覇を達成しました。

(牛蒡)

20200317j図は16時45分頃の局面。指し手のペースが上がってきました。後手の渡辺棋王の9筋攻めが成功したようで、控室の棋士たちは後手優勢という見解で一致しています。

Dsc_0852 (渡辺棋王。難解な中盤戦をいつの間にか抜け出していた)

Dsc_0913 (本田五段は何とか粘りたい)

(睡蓮)