2022年12月23日 (金)

2022122366

加藤女流三段、△7九桂成(66手目)と香を取らず成桂を作りました。これでも▲8八金からの千日手狙いはありますが、△9九飛成▲8七金△8九竜▲8八金に△7八成桂▲同金右△3九銀▲3七玉△5六香という打開筋もあります。実戦は里見女流王座が▲4九金と美濃囲いを再生。これで千日手の筋はほぼ消えました。じっと△3二銀(68手目)で自陣に手を入れる応酬は力がこもっていて、本局に懸かるものの重さをひしひしと感じます。

2022122368

ふと、控室で「まだ68手ですか」という声が出ました。菅井八段は「まだまだ長いですよ。最高ですね」と笑顔。形勢ですが、加藤女流三段の指した△3二銀が囲いを引き締めながら自陣の飛車の動きをフリーにして評判がよく、居飛車持ちと見られています。

2022122365

15時40分ごろ、控室がざわつきました。図から△9九桂成▲8八金(A図)と進むと、千日手の可能性があります。

20221223_a3

A図から△7九飛成▲7八金左△8九竜▲8八金△7九竜……は千日手模様。神谷八段が思わず対局規定を確認します。打開筋として△3九銀と打つことはできますが、▲3七玉で先手玉を寄せるのも容易ではありません。菅井八段は「対局者だと打開しにくい」と話します。加藤女流三段の決断に注目です。

Img_5045

2022122359

後手玉を少し薄くした里見女流王座、▲7九金(59手目)と引きました。と金が残るのでつらい手ですが、飛車を打たせないようにした辛抱です。以下△7七と▲同角△9三桂▲7三馬△7一飛が菅井八段の予想した一例で、自陣飛車で駒得を生かす方針を考えていました。加藤女流三段が指したのは△7七と▲同角に△8七桂! 異筋の桂です。

2022122362

狙いは▲6八金上に△9九桂成で香の価値が高いというわけですが、駒台の桂を使って僻地の香を取りにいくのは筋悪の見本のような手で、神谷八段は「やっちゃいけない手と教わったよ」と驚きます。しかし検討してみると△9九桂成にあまり思わしい手がないようで、しばらく盤を見つめていた菅井八段は「意外といい手に見えてきました」と意外そうな表情。これでリードにつなげられれば△8七桂は妙手といえそうです。

Img_5043

2022122349

金銀4枚の要塞をどう攻略するか。里見女流王座は▲5三歩(49手目)で応手を尋ねました。金銀の連結を重視するなら△4二金寄ですが、加藤女流三段は△4三金を選択。以下▲6三馬に△4二飛と、飛車を逃げるスペースを用意しました。

2022122354

検討陣の第一感は「後手よし」。ところが、▲5二銀と食いつかれると意外にすっきりしません。手堅く受けるなら△5一歩ですが、▲4一銀成△同銀▲8七金△8九飛▲8二歩△8七飛成▲8一歩成△8八竜▲4九金(A図)は「大変だ」と神谷八段。菅井八段は「むしろ自信ないかもしれない」と首をかしげます。

20221223_a2

戻って、▲5二銀には△3一金とかわしてどうか。いずれにせよ、振り飛車にも楽しみのある形で、頑張りがいのある展開になってきたといえます。里見女流王座、さすがの手腕です。

Img_5041

Img_5038