カテゴリ

2022年7月17日 (日)

カナ駒が前進

20220717_44昼食休憩以降、△4五銀▲7六飛△6三金▲8五桂△7四金と藤井棋聖は自陣が薄くなることをいとわず、モリモリとカナ駒を前進しています。

Fujii06(藤井棋聖は嫌みな歩は3四に残したままカナ駒を盛り上がる)

(飛龍)

大盤解説会(3)

11時過ぎの大盤解説会場、白龍ホールでは聞き手が交代していました。

Ooban13 (姉と交代で山口稀女流1級が満を持して登壇)

Ooban14 (解説は引き続いて高見七段)

Ooban15 (振り返って高田四段の見解を聞くことも)

Ooban16 (午後になると、のぶながホールと棋士陣を入れ替え。勝又七段の解説)

Ooban17 (自作の資料を用いて)

Ooban18 (聞き手は香川女流四段)

Ooban19 (大盤操作は折田四段だったが……)

Ooban20(促されて登壇。勝又七段はPCの前に)

(飛龍)

対局再開

永瀬王座は12時50分には対局室に戻っており、12時50分過ぎには藤井棋聖も続きました。

Saikai01 (両者は早々に対局室に戻っていた)

Saikai03 (手番の藤井棋聖。すでに盤上没我か)

Saikai05 (羽織は畳んで置かれている)

Saikai06 (着手を待つほうの永瀬王座はさらに早く戻ってきていた)

Saikai07 (記録係の石川優四段が定刻を告げた直後。藤井棋聖は正座に直している)

Saikai08 (逆に永瀬王座はあぐらに崩す)

Saikai10 (しばらく着手はなかった)

Saikai11(もう終局まで休憩はない)

(飛龍)

昼食休憩中の対局室

Hiru09 (昼食休憩時の盤面)

Hiru13 (先手の玉将。桐月師作)

Hiru14 (後手の王将は居玉のまま。錦旗書)

Hiru15 (昼食休憩時の対局室)

Hiru11(下座の側から)

(飛龍)

対局者の昼食

昼食は藤井棋聖が「味噌煮込みうどん」(天ぷら、玉子入り)、冷たい緑茶。永瀬王座が名物ひつまぶし、特別仕様ババロア、水出しコーヒー、冷たい烏龍茶です。

Hiru01 (藤井棋聖の昼食。名古屋名物みそ煮込みうどん)

Hiru03 (天ぷらと玉子入り)

Hiru04 (永瀬王座の昼食。午前のおやつを重ねて大ボリューム)

Hiru06 (ひつまぶし。こちらも名古屋名物)

Hiru07(ババロアは棋聖戦の特別仕様とのこと)

(飛龍)

昼食休憩

20220717_39_212時、昼食休憩に入りました。この局面で藤井棋聖が使った時間は39分。消費時間は▲永瀬1時間15分、△藤井1時間23分。昼食は藤井棋聖が「味噌煮込みうどん」(天ぷら、玉子入り)、冷たい緑茶。永瀬王座が名物ひつまぶし、特別仕様ババロア、水出しコーヒー、冷たい烏龍茶。午前のおやつを昼食時に出してもらう形です。対局は13時から再開されます。

(飛龍)

11時30分過ぎの局面

20220717_39図は11時30分過ぎの局面。先手は2歩得で、後手に代償を与えずにリードできるかどうかの序盤戦になっています。

Nagase05_2(永瀬王座は2歩得の実利を形勢のよさに結びつけられるか)

(飛龍)

=== Copyright (C) 2009 >>> The Sankei Shimbun & Japan Shogi Association === All Rights Reserved. ===