カテゴリ

2022年6月15日 (水)

派手な手

20220615c

△4五角を見た近藤正七段は「△8七飛成(▲同金は△7八金まで)の大技を狙って派手でありながら、自玉を緩和する意味もあり繊細な一手です。また△3六角と出る含みもありますね」と解説してます。

Dsc_0310004(△4五角と盤上に放ち、藤井棋聖がリードを広げつつある局面になっています)

(吟)

高志の宿 高島屋

Dsc_0462(近藤正七段の師匠、故原田泰夫九段の書。丙寅夏とあり、1986年に書かれたものとわかる)

Dsc_0366003(フロントでは、今期棋聖戦五番勝負の扇子が販売されていました。藤井棋聖が「知」、永瀬王座が「鬼」と揮毫しています)

Dsc_0353003(幾多の名勝負が繰り広げられた宿。当時の全冠を保持していた羽生善治七冠の一角を崩し、三浦弘行五段(現九段)が、第67期棋聖戦(1996年)で、フルセットの末、タイトルを奪取したのが、高島屋でした)

【高志の宿 高島屋】
https://takasimaya.co.jp/

(吟)

現地大盤解説会

15時40分頃の大盤解説会場。木村九段、近藤正七段の両立会人が解説していました。

Dsc_0466(軽妙なトークを繰り広げる2人)

Dsc_0471(会場を盛り上げる木村九段)

Dsc_0476(新潟県柏崎市出身の近藤正七段)

(吟)

午後のおやつ

午後のおやつ、藤井棋聖はアールグレイアイスティーとオレンジジュース、永瀬王座は抹茶、冷たい抹茶、アイスコーヒーを注文しました。

Dsc_0457

Dsc_0443

Dsc_0461

午後は両者、飲み物だけの注文でした。

(吟)

岩室を歩く(2)

Dsc_0360(岩室の周辺地図)

Dsc_0357(自動販売機に描かれた「いわねちゃん」。岩室温泉でまったりすることが好きなキャラクター)

Dsc_0363

(吟)

岩室を歩く(1)

Dsc_0354

Dsc_0356(観光施設のいわむろや。第1・第3水曜は休館ということで、残念ながら開いていなかった)

Dsc_0361(いわむろやでは、足湯も楽しむことができる)

【いわむろや】
https://www.iwamuroya.com/

(吟)

対局再開

Dsc_0403(永瀬王座が対局室に戻り、30秒ほどで藤井棋聖も入室)

Dsc_0419(下を向き、額に左手をやって考える永瀬王座)

Dsc_0429(再開を告げられると永瀬王座は足を崩し、しばらく考えるような様子を見せました)

Dsc_0431(着手を待つ藤井棋聖)

(吟)

=== Copyright (C) 2009 >>> The Sankei Shimbun & Japan Shogi Association === All Rights Reserved. ===