2018年11月21日 (水)

浮月楼は、静岡駅から徒歩5分の場所にあります。繁華街のなかにありますが、中に入ると風情のある庭園が広がり、池の上には水上能舞台が設けられています。現在は結婚式場として有名で、将棋のタイトル戦はリコー杯女流王座戦以外に名人戦も実施されました。
もともとは、徳川幕府第15代将軍徳川慶喜が大政奉還の後、約20年に渡って居住していた屋敷跡としても知られています。

Dsc_6221

Dsc_6227

Dsc_6226

Dsc_6230_2

Dsc_6229

軽妙な動きで、里見女流王座がペースを握っています。

50

まずは5筋に歩を垂らします。▲6八角は△5九歩成▲同角△5八銀があるので、先手はと金作りを受けにくいです。いきおい▲5四歩から攻め合いましたが、△5九歩成でと金ができて後手ペースがはっきりしました。

62

△3四飛は15時ごろの局面です。後手はと金を作ってから、先手玉を薄くすることにも成功しました。△3四飛の次の狙いは、△4五桂や△2五桂と馬取りで桂の活用。清水女流六段は守勢に回る、苦しい展開になっています。

Dsc_6133(対局再開後の清水女流六段)

Dsc_6141(14時ごろの現地イベント。解説は井上九段)

Dsc_6138(聞き手は山根女流初段)

Dsc_6147(指導対局をする飯野女流初段)

Dsc_6151_2(「負けました」と飯野女流初段。下手にうまく指されたようで、感想戦では笑顔を見せていた)

14時27分、午後のおやつが出されました。両対局者ともにデザートプレート、カフェオレです。

Dsc_6166(デザートプレートは、プリン、ガトーショコラ、フィナンシェ、ブドウ、チョコ、タルトの盛り合わせ)