2019年12月 4日 (水)

Dsc_0290 (形勢に差がつくまでの局面まで感想戦は行われた)

Dsc_0292_2 (里見前女流王座が駒を仕舞う)

Dsc_0294_2 (両者一礼をして第9期女流王座戦が閉幕した)

Dsc_0324 (感想戦終了後、古島正・株式会社リコー執行役員から花束が贈呈された)

Dsc_0323

(第10期もお楽しみに)

Dsc_0240 (多くの報道陣が詰めかけた)

Dsc_0245

Dsc_0237001 (新女流王座。表情はまだ硬い)

Dsc_0249 (里見前女流王座)

終局直後に西山と里見にインタビューが行われた。

Dsc_0300

――シリーズ全体を通して

西山 里見さんと対局を重ねる中で自分の弱点が見えてきて、そういところを重点的に意識して努力しながら指した将棋だったかなと思います。

――初の女流王座、女流三冠について

西山 そうですね、それはうれしく思います。まだまだ足りない部分が多いので、今後も補っていければと思います。

Dsc_0289――今日の将棋について


里見 予定変更があって、難しいと思ったんですけど、崩れてしまいましたね。


――女流王座失冠となったが


里見 自分の指しなれた形以外の将棋で試してみたいことがあったので、そこで未知の局面になったときに実力がついていないと実感しました。そのあたりを今後修正して努力を重ねていけたらと思います。

Joryu_ouza201912040101144

144手で西山女王・女流王将が3勝1敗で女流王座を奪取。自身初の三冠を保持することになった。
終局時刻は17時12分。消費時間は、▲里見香2時間59分、△西山2時間6分。