2019年9月 9日 (月)

【第9期リコー杯女流王座戦五番勝負 日程】

第1局 10月30日(水)高知県高知市「ザ クラウンパレス新阪急高知」
第2局 11月14日(木)岐阜県岐阜市「十八楼」
第3局 11月27日(水)福島県郡山市「郡山ビューホテルアネックス」
第4局 12月4日(水)東京都渋谷区「将棋会館」
第5局 12月17日(火)東京都渋谷区「将棋会館」

以上で本局の中継を終了いたします。ご観戦くださいまして、ありがとうございました。

17時30分から、里見香奈女流王座と挑戦者の西山朋佳女王による記者会見が行われました。

A7302439_2(日本将棋連盟常務理事の西尾明七段を挟んで行われた)

A7302441_2 (西尾明・日本将棋連盟常務理事)

「本日は、お忙しい中、交通機関の乱れがある中で、お集まりいただきありがとうございます。今期の総評としましては、一次予選を突破されたアマチュアの方が、お二人いらっしゃったということで、アマチュアの方のレベルの高さを感じました。下からの突き上げがある中で、女流棋界のレベルも上がっていると思っています。本日行われた挑戦者決定戦の将棋も非常に素晴らしい、西山女王の指し手が見られました。振り飛車らしい、小気味のいいカウンターをどんどん決めて、相手玉を寄せるという技術の高さを見せてくれました。
10月30日より五番勝負が始まりますが、先日、史上初の女流六冠を里見さんは達成されまして、波に乗っています。西山さんは現役の奨励会三段ということで、しのぎを削って棋力を向上させています。今後、里見女流六冠と西山女王の対局は、女流棋界の黄金カード、頂上決戦といわれるでしょう。目が離せない戦いが続くと思いますので、ぜひご注目いただければと思います」

A7302447_2 (挑戦者・西山朋佳女王)

―― 挑戦になった感想と五番勝負の抱負をお願いします。

西山「挑戦者になり、非常にうれしく思います。今日は考えていた作戦がうまくいきました。五番勝負ですが、女流六冠という偉業を達成された里見さんとの勝負ということで、緊張感のある戦いになると思います。萎縮せずに伸び伸びと指せたらいいなと考えています」

A7302458 (里見香奈女流王座)

―― 挑戦者の西山さんについての印象と、防衛戦、クイーン王座(通算獲得5期)がかかるシリーズになりますが抱負をお願いします。

里見 西山さんの印象ですが、トーナメント戦の中でも安定した強さが多く見られる将棋だったと思います。軽快な振り飛車党というイメージです。女流王座戦の抱負ですが、クイーン称号がかかるシリーズで、注目していただけれるのは、うれしく思います。それとは別に、そこまであまり意識をしていませんので、今の自分の力を発揮できるように、準備して、勉強して挑みたいと思います。

A7302480(古島正・株式会社リコー執行役員から花束を受け取り、記念撮影)

(書き起こし=吟、写真=玉響)

A7302374

【西山女王の談話】
――一局を振り返って。
西山 △3二飛は前例がないと思うんですけど、やってみたいなと。お互い馬がある変わった将棋なので、手の作り方が難しかったですね。
――どのあたりまで練習で経験がありましたか。
西山 (56手目)飛車を成ったあたりまで。
――これで里見女流王座への挑戦権を獲得されました。
西山 常にトップにいる方で、当たる機会も少ないので楽しみです。

A7302404【伊藤女流三段の談話】

――本局全体を振り返っていかがでしたでしょうか。
伊藤 △3二飛(4手目)は考えていなくて、もうちょっといい指し手がいろいろなところであったと思うんですけど、力戦になるので、ちょっと具体的には分からなかったです。
A7302381