« 受けの勝負手 | メイン | 関西将棋会館より »

2016年11月22日 (火)

息詰まる終盤戦

68図は17時15分頃の局面。
先手が受けきるか、後手が攻めきるかの勝負になっています。継ぎ盤では後手が攻めきる順が立て続けに見つかり、一時は「後手勝勢か」の声が挙がりました。しかし、検討を進めると先手がしのぐ順も見つかりだして容易ではありません。現在はむしろ先手持ちの声が大きくなっています。
△6五銀まで、残り時間は▲渡辺1時間4分、△丸山21分。

Img_8433控室にはホテルのご厚意で地元の銘菓が数多く用意されている。

カテゴリ