« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014年7月31日 (木)

8月1日にベスト4が激突

2014年8月1日(金)は第27期竜王戦決勝トーナメントからベスト4の2局を中継する。対戦カードは以下のとおり。それぞれの勝者は挑戦者決定三番勝負に進む。

羽生善治名人(1組優勝)-郷田真隆九段(1組4位)

Hg

行方尚史八段(2組優勝)-糸谷哲郎六段(3組優勝)

Ni

対局場は東京・将棋会館の特別対局室。対局開始は10時。持ち時間は各5時間。先後は振り駒で決定する。棋譜入力・コメント担当は羽生-郷田戦が銀杏、行方-糸谷戦は文、ブログ更新担当は2局とも牛蒡。

2014年7月25日 (金)

次回は8月1日(金)に中継

決勝トーナメントもいよいよ終盤戦。次回は8月1日(金)、羽生善治名人(1組優勝)-郷田真隆九段(1組4位)戦、行方尚史八段(2組優勝)-糸谷哲郎六段(3組優勝)戦の2局を中継する。勝ち上がり者は挑戦者決定三番勝負へ進出する大一番だ。お楽しみに。

Img_5673

Img_5676

▲行方-△阿久津 感想戦

Img_5678

Img_5691

Img_5692

Img_5700

Img_5704

2014年7月24日 (木)

▲行方-△阿久津 終局直後

Img_5648

Img_5650

Img_5660

Img_5655

行方八段が激戦制す

Ryuou201407240201133 133手まで行方八段が制し準決勝進出を決めた。終局は23時3分。消費時間はともに4時間59分。

激しい攻め合い

20140724k

▲行方-△阿久津戦は盤面の右半分で激しい戦いが起こっている。後手は角の利きを軸に攻め、先手はと金を駆使して後手の飛車を目標にする。図から△2三飛▲3五桂△3六歩▲3八金△2八角成▲同金が進行の一例。後手は堅い美濃囲いだが、先手は端を詰めて▲8五桂を切り札にしている。どちらが寄せ合いで優位に立つのか、先の見えない難しい戦いだ。

▲屋敷-△糸谷戦 終局直後

終局後はすぐに別室に移って感想戦が始まった。新聞解説の大内延介九段も感想戦の様子を見守る。

Img_5635

Img_5639

Img_5644

Img_5646

糸谷六段勝利

Ryuou201407240101_118

森内俊之竜王への挑戦を目指す第27期竜王戦決勝トーナメントの▲屋敷伸之九段(1組2位)-△糸谷哲郎六段(3組優勝)戦は21時30分、118手で糸谷六段の勝ちとなりました。消費時間は▲屋敷4時間33分、△糸谷4時間17分。勝った糸谷六段は次戦で阿久津主税八段(1組3位)-行方尚史八段(2組優勝)戦の勝者と対戦します。

糸谷六段、逃げ切ったか

20140724j

▲屋敷-△糸谷戦は佳境を迎えている。屋敷九段が▲4二角成(図)と飛車を取って迫ったところだが、△同金のとき後手玉に詰みなしと見られている。後手玉が詰まなければ、先手玉は受けなしの形。糸谷六段が猛攻をかけて逃げ切ったか。

時間を使う終盤戦

20140724i

▲屋敷-△糸谷戦は終盤戦に入ってからじっくり時間を使う流れになった。すでにどちらかに形勢が傾いていてもおかしくない局面だ。図の先手玉は迫られているが、まだ詰めろではない。▲2六角などで後手玉に反撃が回る形になっている。形勢のバロメーターとして知られる金銀の枚数比は▲1:△7で、これは一般的には「後手勝ち」となる。本局はどうだろうか。

カテゴリ