« 【梅田望夫観戦記】 (7) 羽生世代の信頼関係 | メイン | 【梅田望夫観戦記】 (8) 繰り返す「青と壮」の戦い »

2008年10月19日 (日)

封じ手は、△24同歩

 当然とは言え、予想通り封じ手は△24同歩であった。

 羽生名人は、対局室に8時53分頃入室。一方の渡辺竜王は、それから約5分遅れての入室であった。両対局者が対局室に入り、室内の緊張感が一挙に高まる。報道スタッフはもとより、、そして一般見学の方にも、そのキリリと引き締まった空気を肌で感じることができたであろう。

1dsc_0255 2dsc_0255 3dsc_0255

カテゴリ