2020年9月14日 (月)

第10期リコー杯女流王座戦五番勝負日程

西山朋佳女流王座-里見香奈女流四冠

第1局 
10月28日(水)東京都文京区「ホテル椿山荘東京」

第2局
11月10日(火)東京都港区「明治記念館」

第3局
12月1日(火)神奈川県秦野市「元湯 陣屋」

第4局
12月9日(水)東京都渋谷区「東京・将棋会館」

第5局
12月14日(月)東京都渋谷区「東京・将棋会館」

Dsc_0225

挑戦者決定戦の中継ブログの更新は以上で終了いたします。五番勝負をお楽しみに。ご観戦ありがとうございました。

17時30分、東京・将棋会館2階「研修室」で、西山女流王座、里見女流四冠の記者会見が行われました。

Dsc_0200

Dsc_0189_2

――まずは里見さんに挑戦権を獲得した感想と五番勝負への抱負をお願いします。

里見「今日の将棋は力戦系になりまして、難しかったと思いますが、まずまず力を出し切ることができたかなと。今期は本戦からの参加でした。苦しい将棋もあって、運も幸いして挑戦者になることができました。西山さんと昨年に続いて五番勝負を戦いますが、しっかり調整していい状態で臨み、一生懸命頑張りたいと思います」

Dsc_0205

――続いて西山さんに五番勝負の抱負をお願いします。

西山「今年は里見さんと必ずどこかでタイトル戦でやることになるだろうと思っていました。今回、特殊な状況下ではありますけども、いつも以上に内容に注目していただけるシリーズになると思いますので、始まるまでにできるだけ実力を伸ばせるように頑張って当日を迎えたいと思っております」

――お二人は四冠と三冠でタイトルを分け合っている状況ですが、相手のことをどう考えていますか。

西山「タイトルを分け合っている状況ですが、まだまだ実力不足だと思っておりますので、肩書きに恥じないようになるのが目標です。里見さんはいわずと知れた絶対王者。将棋を観戦していても勉強になることが多くて、刺激をいただいております」

里見「西山さんはいっぱい勝たれている方ですし、前期タイトル戦で戦ったとき、自分のほうが力が不足していましたので、強敵ではありますが、状態を良くして挑みたいです」

Dsc_0219(古島正・株式会社リコー執行役員から花束を受け取った両対局者)

 

Dsc_0138(終局直後の特別対局室。特別協力の日本経済新聞の談話に応じる)

Dsc_0143

―― 本局を振り返っていただけますでしょうか。

里見 完全に力戦の将棋になったのですが、1手1手、考えながら進めていきました。対抗形に落ちついて、固める展開になったので、主導権を持てたかなと思います。

―― 終盤、難しい将棋だったと思うのですが。

里見 模様がいいのかなと思っていたのですが、端に手をつけられたところで、丁寧に面倒をみる順があればと思ってました。具体的にわからなかったので、攻め合いになりました。難しいながら、少し残しているのかなと思いながら指していました。

―― 挑戦権獲得ということで、昨年のリベンジマッチということになりました。

里見 挑戦できることは、ほっとしていますし、また西山さんと対戦できるということで、しっかり調整して挑みたいと思います。

Dsc_0149

Dsc_0154

―― 本局、全体を振り返ってみて、いかがでしたか。

伊藤 序盤から、1手1手難しい将棋になりまして、もうちょっと早く戦いを起こす順を探したかったです。それがよくわからなくて、駒組みが続く感じになりました。組みあがったところは、難しいながらも、あまりよくない気がしていました。ちょっと無理っぽい動きをするしかなくなったというか……。最後は何かあればと思ったのですが、私には見えなくて。敵玉が見える形にはなったのですが、最後は足らなかったですね。

―― 最後、端からの反撃で、難しくなったのではないかという評判でしたが。

伊藤 何とか相手玉が見えて、危ない形になったとは思ったのですが、ちょっとわからなかったです。