2020年7月30日 (木)

Dsc_0587

(鈴木女流二段は穴熊の堅さを生かして寄せきった)

Dsc_0597_2

(石本女流初段は十分に組まれてしまったと悔やんでいた)

Dsc_0595001

(鈴木女流二段は次戦が自身の壁となる2回戦を迎える。相手は里見香奈女流四冠)

Dsc_0590

(石本女流初段は初の本戦2回戦進出はならなかった)

Dsc_0591

Dsc_0601

(感想戦は16時23分に終了)

以上で本局の中継を終了します。ご観戦いただきありがとうございました。

Joryu_ouza20200730010183

時刻は15時30分を回り、両者とも持ち時間が残り30分ほどになりました。上図は▲5四金と打った局面。△4九竜に▲6三金とすり込む手が地味に厳しそうです。実戦は△3一歩と打ちましたが、▲5二竜△同歩▲4四金として先手が駒得を拡大させています。4四金も将来寄せに役立ちそうです。

Dsc_0556

(少しずつ優位を拡大していく鈴木女流二段)

Joryu_ouza20200730010169

14時30分ごろの局面です。6八にいた飛車をひとつ引いた手が好手。△4八竜と逃げると▲3九飛△同竜▲4三歩成があります。自陣で眠っていた飛車が大駒との交換に持ち込める状況となり、先手の攻めが手厚くなってきました。形勢は先手が優勢になったと見てよさそうです。

Dsc_0565_2

(石本女流初段は踏ん張れるかどうか)