カテゴリ「第30期竜王戦挑決第1局」の記事 Feed

2017年8月15日 (火)

感想戦(2)

Dsc_8484

Dsc_8524

Dsc_8555

Dsc_8561

Dsc_8552

Dsc_8567 (感想戦終了は23時58分でした)

以上で本局の中継を終了いたします。最後までご観戦いただき、ありがとうございました。第2局は8月25日(金)に同所で行われます。羽生三冠が連勝で挑戦権を獲得するのでしょうか、それとも松尾八段がタイに追いつくのでしょうか。どうぞお楽しみに!

2017年8月14日 (月)

感想戦(1)

Dsc_8478

Dsc_8508

Dsc_8493

Dsc_8537

Dsc_8542

終局直後の様子

終局直後の両対局者の様子です。対局室の空気は重く、激戦の余韻が残っています。

Dsc_8463

Dsc_8467

Dsc_8476

羽生三冠が先勝

20170814b_3

挑戦者決定三番勝負第1局は127手まで、羽生三冠が勝ちました。先手玉に詰みはありません。終局時刻は22時42分。消費時間は両者4時間59分。羽生三冠が挑戦まであと1勝としました。

先手勝勢に

前回の投稿から難解な順で進んでいましたが、ようやくはっきりしたようです。羽生三冠が勝勢を築いたといわれています。

先手の勝ち筋か

20170814l図の△7五金は先手玉を包囲する一手ですが、控室に戦慄が走りました。▲5四角以下、後手玉が危険な状態のようです。後手の松尾八段は一分将棋、対して先手の羽生三冠は6分残しています。羽生三冠が一気に勝ちを決めるのでしょうか。

22時の控室

22時の控室です。検討陣の予想が当たらなくなってきたようで、善悪不明の激戦が展開されています。検討の熱はさらに増しているようです。「難しいねぇ」とため息混じりの声も聞かれます。

Dsc_8437

Dsc_8440

Dsc_8448

Dsc_8452

Dsc_8454

形勢不明に

20170814k

21時20分、図の局面を迎えました。先手は▲4二桂成と角を取ることができますが、桂を渡すと△7六桂の筋があるため、△4七歩成から先手玉に詰み筋が生じます。読売新聞観戦記解説役の近藤誠五段は「一時の後手持ちではなく、現在は難解な形勢だと思います」と語っています。

21時の局面

20170814j

21時、図の局面を迎えています。先手の羽生三冠が▲8一飛成と桂を取ったところです。64手目の△3二飛が絶好の切り返しといわれていましたが、現局面まで進んでみると次に▲3四金が厳しく、簡単ではないようです。松尾八段がどう切り返すのか注目です。

佐藤康光会長が控室へ

20時5分、日本将棋連盟会長の佐藤康光九段が控室を訪れました。眉間にしわを寄せて継ぎ盤を眺めています。棋王戦の対局を終えた木村一基九段と稲葉陽八段の姿もあります。

Dsc_8427

Dsc_8432

カテゴリ