カテゴリ「第28期竜王戦決勝トーナメント」の記事 Feed

2015年8月 3日 (月)

挑戦者決定三番勝負第1局は8月11日(火)

本日の対局の結果、挑戦者決定三番勝負は渡辺明棋王-永瀬拓矢六段戦となりました。

次回の中継である挑戦者決定三番勝負第1局は8月11日(火)に行われます。

▲永瀬-△羽生 感想戦(2)

Image_43


Image_36

Image_39

Image_45


▲永瀬-△羽生 感想戦(1)

Image_38

Image_37

Image_44


▲永瀬-△羽生 終局直後

終局時刻は22時56分。消費時間は、▲永瀬4時間52分、△羽生4時間55分。

Image_25(永瀬六段が冷静な受けで熱戦を制し、挑戦者決定戦へ勝ち進んだ)

Image_27

(羽生名人は曲線的指し回しにより攻め合いに持ちこむことには成功したが、寄せにまでは至らなかった)

Image_26(感想戦)

永瀬六段が挑戦者決定三番勝負へ

20150803a_2

▲3三銀(投了図)に羽生名人が投了。永瀬六段が挑戦者決定三番勝負へ進出しました。

▲永瀬-△羽生 決断の▲2五歩

115

▲永瀬-△羽生戦は△5二金の馬取りを放置して▲2五歩と打ちました。馬と飛車に当たっている中の、決断の一手です。検討では先手が攻め切ることができる変化が並べられました。

Csc_1158

(検討中の盤面。△5三金▲2四歩△3二玉▲2六飛△2五歩▲2三金△4三玉▲3三金△同玉▲2五飛の変化)

▲渡辺明-△稲葉 感想戦

Dsc_3419a

Dsc_3425a

Dsc_3423a

Dsc_3410a

Dsc_3436a(感想戦は21時55分頃終了した)

▲永瀬-△羽生 残り時間は▲20分、△28分

98

22時頃の局面。△5四桂までの消費時間は▲永瀬4時間40分、△羽生4時間32分。

直前までは先手がいいはずだが、勝ち切るのは容易ではないと言われてました。▲5三角成と手を渡したところで、△6六歩▲同金△5四桂と4二の桂が跳躍。文字通り、後手の反撃が文字通り跳んできました。

Dsc_1082

(羽生名人が反撃に回った)

Csc_1155(永瀬六段は▲6七歩と辛抱)

▲渡辺明-△稲葉 終局直後

Dsc_3382a(隣の▲永瀬-△羽生戦がまだ対局中のため、別室へ移動。まず渡辺棋王)

Dsc_3386a(稲葉七段も続く)

Dsc_3406a(すぐに感想戦が始まった)

渡辺棋王が勝利

Ryuou20150803020195▲渡辺明-△稲葉戦は21時24分、95手で渡辺棋王が勝ちました。消費時間は▲渡辺4時間2分、△稲葉4時間31分(持ち時間は各5時間)。渡辺棋王は挑戦者決定三番勝負に進出決定です。


カテゴリ