カテゴリ「第26期竜王戦挑決第2局」の記事 Feed

2013年9月 2日 (月)

本日の棋譜

第2局は森内名人が勝ち、三番勝負は1勝1敗になった。
決着局となる第3局は9月9日(月)に行われる。

P007

感想戦

P114

P063

P078

P090

P086

P011

P038

P052

P095 (「歩がないのはひどいですね」と郷田九段。後手は駒不足に苦しんだ)P126 (感想戦は21時29分に終了した)

終局直後

N003

N021

N007

挑戦権の行方は第3局へ

Ryuou20130902010179第26期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局は、79手まで森内名人の勝ちとなりました。終局は20時55分。消費時間は▲森内3時間42分、△郷田4時間58分。
これで三番勝負は1勝1敗。挑戦の行方は9月9日(月)に行われる第3局に持ち越された。

冷静な対応

76

実戦は73手目に▲4二飛打ではなく、▲2六金と桂を外した。以下△1二金▲同馬△6二玉と進んで図の局面。図から▲2二飛△7一玉▲8六香で先手の優位は動かないとみられている。後手は飛車と角だけでは先手玉を寄せられない。

▲4二飛打

S72

72手目の局面、控室の検討で▲4二飛打が発見された。この手の評判がよく、決め手と言われている。▲4二飛打に△1二金は▲3一馬(参考図)が詰めろ。以下△5二角には▲1二飛成で一手一手になる。「▲4二飛打は必至に近い」という声もある。

A031 (森内名人)

郷田九段、残り4分

7272手目△2一金までの消費時間は▲森内3時間11分、△郷田4時間56分。
郷田九段は残り4分。

2020(20時20分ごろの対局室)

20時15分ごろの控室

M007

M005 (日浦市郎八段)M001

攻めの制限

65

図の局面も検討どおり。ここで後手の攻めが難しい。攻めに制限があるからだ。

たとえば△6九角▲4九玉△6七竜▲同歩△5八銀▲3九玉に(1)△2七歩(参考1図)。
先手玉に必至がかかるが、そこで▲3二飛△5一玉▲5三香不成△5二金打▲同香成△同金▲7一飛△6一銀▲同飛成△同玉で後手玉は詰み。歩を使いきってしまうと、▲5三香不成に△5二歩と打てない。それが痛い。

(2)△4七銀不成(参考2図)も調べられた。▲4七同銀△同角成から△3八金の狙いだが、銀を渡すと▲3二飛△5一玉▲4二銀から詰みがある。

実戦は図から△6九角と打たずに△5一玉と引いた。そこで森内名人が考えている。

S65

A077

(朝の郷田九段)

問題は時間

57

検討されていた局面に進んだ。後手は竜を取られるまでにどれだけ先手玉に迫れるか。△2六桂や△6七香成をうまく組み合わせる必要がある。難しい課題だが、問題はそれだけではない。宮田敦六段は「後手は時間がないので……」と話している。先手玉を追い込むには、まだまだ手数がかかる。しかし、郷田九段には十分に考えられるだけの時間がない。

K007 (佐々木慎六段)K004 (金井恒太五段)K018

カテゴリ