カテゴリ「第26期竜王戦七番勝負第1局」の記事 Feed

2013年10月18日 (金)

ご観戦ありがとうございました

 

Dsc_0827 本局の大川慎太郎氏による観戦記は読売新聞紙上にて10月31日から掲載されます。お楽しみにお待ち下さい。

Dsc_0648ご観戦ありがとうございました。

感想戦(渡辺竜王)

Dsc_0816

Dsc_0808

Dsc_0820

Dsc_0806

Dsc_0825

感想戦(森内名人)

Dsc_0783

Dsc_0785

Dsc_0789

Dsc_0795(竜王奪取へ白星発進の森内名人)

Dsc_0839

終局直後

Dsc_0759森内名人
 「今朝は先手番にもかかわらず千日手になりそうで、失敗したと思いました。 駒得があるので途中は少しいいのかなと思っていました。いつの間にか混戦になって最後は負けたかなと思いました。 最後の最後、自分の玉が寄らなくなっていけるかなと」

Dsc_0776 渡辺竜王
「千日手を打開してから駒損になった。最後だけ一瞬なにかあるかと思いましたが分からなかったです。駒損してから全体的にチャンスは少ないと思いました」

Dsc_0766

森内名人先勝

Ryuou201310170101_143

渡辺明竜王に森内俊之名人が挑戦する第26期竜王戦七番勝負第1局は19時20分、143手で森内名人の勝ちとなりました。消費時間は▲森内7時間58分、△渡辺7時間59分。
第2局は10月28・29日(月・火)に北海道富良野市「新富良野プリンスホテル」で行われます。

再び先手が優勢に

134
再び先手が優勢になった。後手の3一の飛車は捕まりそうだ。また先手玉は上が見えているが、後手玉は上部脱出まで手数が掛かる。

持将棋の可能性

125
後手玉の上部もかなり厚くなってきた。あとは入れるかどうか。鈴木八段は継ぎ盤の点数を数え始めている。入玉を視野に、互いの残り時間は5分を切っている。▲8三歩成に時間を使った渡辺竜王、1分将棋になった。

Dsc_0754 (時刻は19時を回った)

東京・将棋会館大盤解説会

Csc_8532(東京・将棋会館の解説は森下九段)

Csc_8530

Csc_8529 (次の一手クイズの正解者の抽選する安食女流初段)

Csc_8531
東京・将棋会館の解説会の様子が野辺記者から届きました。

渡辺竜王猛追

Dsc_0752△7三桂と渡辺竜王が打った局面。後手が猛追している。森内名人は残りが10分を切っている。渡辺竜王の残りは15分。
真田七段は「これはかなり怪しいですよ」とモニターを見る。藤井九段、鈴木八段も「これはいよいよ怪しいですよ」と口を揃える。

119手目棋譜コメントより
「△7三桂は大丈夫なの?」と青野九段。▲7四玉には△6三銀がある。△6三銀まで進めて継ぎ盤の藤井九段と鈴木大八段が慌てる。△6三銀に(1)▲8三玉は△8一飛と王手馬取り、(2)▲7五玉も△7四飛が王手金取りなので、(3)▲6三同馬△同歩▲9二飛から寄せに出るとみられる。これらの変化を踏まえて、ここで△3七馬と桂を取りながら馬を利かしておくのも有力だ。

最終盤の対局室モニター

Dsc_0750 (18時10分の対局室モニター。森内名人の▲8四歩に渡辺竜王が114手目を考慮中)

カテゴリ