カテゴリ「第25期竜王戦七番勝負第5局」の記事 Feed

2012年11月29日 (木)

渡辺竜王 腰を落とす

Ryuou20121128010199
▲5二馬に渡辺竜王は腰を落として読みを入れている。後手はまだ1時間以上残している。▲5三馬から5四の銀を取られるのは厳しい。「何か出そうな気がする」と話すのは片上六段。何かあっと驚くような一手が飛び出すかもしれない。

Dsc_0546
(終盤まで時間を温存していた渡辺竜王)

丸山九段 残り10分を切る

Ryuou201211280101_193モニターから「残り9分です」と聞こえ、図の▲2四歩が着手された。

「先手が苦しいことには変わりなさそうですが、中盤よりは差が詰まって楽しみな局面になったとは思います。ただし△4六同角は良い手でしたね。▲2八飛の数の攻めを消しました。丸山九段としては時間と形勢、両方と戦わなければなりません」(青野九段)

2日目 17時を回る

Dsc_0002
(廊下の奥では白熱の終盤戦が繰り広げられている)

Dsc_0003
(17時を回って外はすっかり暗くなった)


先手待望の反撃

Ryuou20121128010187

▲2七香と攻めに転じた丸山九段。先手の指し手だけ言えば▲3七桂~▲2八飛と寄って▲2四歩と突きたい。控室では「大変になったか」の声も聞こえる。先手も攻めの形が見えてきた。あとは速度の問題になりそうだ。

Dsc_0537
(反撃に転じた丸山九段)

渡辺竜王優勢だが……

Ryuou201211280101_185「後手が優勢だと思うのですが、7:3ぐらいの差が6:4くらいに詰まった気がします。先手の▲9一馬~▲6四馬が良い手でしたね」と片上六段。
玉が堅く攻め駒がさばけた渡辺竜王が優勢だが、まだ一筋縄ではいかないようだ。
Dsc_0028001

現地大盤解説会(青野九段&飯塚七段)

Dsc_0015
(▲9一馬(73手目)を正解した方に両対局者や片上六段の色紙、竜王戦記念扇子などが賞品として渡された)

Dsc_0008
(なんと特賞? は本局の封じ手。これには飯塚七段も「私も欲しいです」とすかさず反応)


15時25分の対局室モニター

Dsc_0572
(15時25分の対局室モニター。丸山九段が眉間にシワを寄せて考えている。数分後、伊藤三段が紙を取り出した。丸山九段の残りが1時間を切ったことを示す用紙だ)

2日目 午後のおやつ

Dsc_0566
(渡辺竜王が注文したチョコレートオレンジケーキ)

Dsc_0571
(丸山九段が注文した温泉まんじゅう(5個)。これまでより1個追加。飲み物はともにホットコーヒー)

2日目の現地大盤解説会場

Ryuou20121128010170_20_4


大盤解説会場では左図の△4四角に▲6七金右△6六角▲同金△5七桂成▲7四馬△8一飛▲5五歩(変化図)に△5六成銀なら▲同馬が解説され「これなら馬が5六まで引っ張ってこれて悪いながらもと言ったところでしょうか」と片上六段。しかし▲5五歩には△6五歩があるとのことだ。

Dsc_0557
(現地大盤解説には14時45分現在で70人の方に来場頂いている)

Dsc_0560

休憩をはさんでの長考

Ryuou201211280101_165

休憩前に12分、再開後に40分以上考えて▲4三歩とたたいた。「休憩をはさんで時間を使うのは、あまり局面が良くない場合が多いですね」と青野九段は話す。
Dsc_0554
(田中寅彦九段も控室を訪れ検討に加わる)

カテゴリ