カテゴリ「第24期竜王戦七番勝負第3局」の記事 Feed

2011年11月 9日 (水)

感想戦(4)

452
(棋譜用紙)

453
(残り時間を示す紙)

478
(感想戦は19時40分過ぎに終了)

本日もご観戦いただき、ありがとうございました。

感想戦(3)

【渡辺明竜王】

451


457


463


466


感想戦(2)

【丸山忠久九段】

433


444


450


468

感想戦(1)

408
(感想戦が行われている)

417
(丸山忠久九段)

426
(山崎七段と村田四段が感想戦を見ている)

429
(渡辺明竜王)

430
(苦しげな表情を浮かべることが多かった)

406
(立会人の淡路九段と観戦記担当の高野六段)

終局後のコメント

396
丸山九段
「終盤は逆転しにくいように指しました。好転した場所はちょっと分からないのですが△4四香として、ひょっとしたら良くなったのかと思いました。次局以降も一局一局頑張りたいです」

403
渡辺竜王
「少し良いかなと思っていたんですが、勝負所で間違えました。どこが問題だったのかは詳しく調べてみないと分からないです。封じ手の所は香得でも大変だと思いました」

【Twitter解説・西尾明六段の総評】
「おつかれさまでした。私が解説を担当した2日目は渡辺竜王の指し手も早く、終始ペースを握っているように見えましたが、▲2三歩成から一気に決めにいった辺りに落とし穴があったのかもしれません。渡辺竜王のほうに勢いが付き過ぎていたのかもしれません。ともあれ終始渡辺ペースで進んでいたシリーズもこれで面白い展開になったのではないでしょうか。今後の対局を楽しみにしたいと思います。ありがとうございました。あと震えて指した後にお菓子を頬張る丸山九段に凄みを感じました(笑)」

丸山九段勝利 1勝を返す

_112
第24期竜王戦七番勝負第3局は18時55分、112手までで丸山九段の勝ちとなりました。消費時間は▲渡辺7時間56分、△丸山7時間54分(持ち時間各8時間)。
七番勝負の通算成績はこれで渡辺竜王2勝、丸山九段1勝。
第4局は11月24・25日(木、金)に福島市「吉川屋」にて行われます。

18時20分頃の控え室

391
(18時20分頃の控え室。後手が勝っていると見られている。大盤解説会ではBSプレミアムの放送終了後も山崎七段と阿久津七段が解説を行っている)

_96


後手勝勢

_86
時刻は17時45分、△4四香の局面で渡辺竜王が考えています。検討陣の形勢判断は「後手勝勢」。

384
(BSプレミアムへの出演を終えた山崎七段が控え室に戻ってきた)

17時半頃の控え室

366
(継ぎ盤の前に座る高野六段)

375
(淡路九段と宮嶋5級)

378
(淡路九段は継ぎ盤には手を出さず、検討を見守っている)

そして……

365
(同じ検討の堂々巡りになったのか、継ぎ盤の前から誰もいなくなった)

カテゴリ