カテゴリ「第23期竜王戦七番勝負第5局」の記事 Feed

2010年12月 2日 (木)

本局の棋譜用紙

Img_1647_3 

(ご観戦いただきありがとうございました。第6局は12月14・15日に、岐阜県高山市「ホテルアソシア高山リゾート」で行われます)

棋譜解説チャット 阿部隆八段の総評

Abe_3 Ryuou20101201_135

二転三転、今期の竜王戦の特徴かもしれません。中盤過ぎで渡辺竜王がリードを奪い、そこから羽生名人が追いすがる展開。第三者としましては一番面白い展開で解説者冥利に尽きる将棋でした。

終盤はお互いにミスはあったと思います。感想を聞いてみないとわからない部分もありますが。一つだけ絞ると135手目7一竜入の局面ですね。△7七歩から▲同金▲同銀問わず△6五桂もしくは△7七歩で単に△6五桂か。羽生名人が攻め急ぐ展開は珍しい気がしました。(それは渡辺竜王にも言える事ですが。)

本局は渡辺竜王の攻めが決まるか、羽生名人が受けきるかで本来なら差のつく将棋になるはずでした。それが大差にならずにこの大熱戦。流石に最高峰の戦いです。ここまでもそうですが、後二局も同じように両者の盤上の技術だけでなく勝負術も含め人間の熱い戦いを期待しています。

(烏)

感想戦写真

20101201_watanabe
(渡辺竜王)
20101201_habu_2
(羽生名人)
20101202_kanso2
(感想戦の様子。難解な終盤戦に、考え込む場面が多かった。結局、148手目で△5八金とする変化は、感想戦でははっきりした結論は出なかった)
20101202_kanso
(感想戦は21時10分に終了した)
(銀杏)

羽生善治名人

Img_1628

Img_1629

Img_1640_3 

(烏)

渡辺明竜王

Img_1634

Img_1616

Img_1617

(烏)

終局後のインタビュー(羽生善治名人)

Img_1619 羽生名人「勝ちがあるのではないかと思ったが、難しいですね。ちょっと分からなかったですね。
途中ははっきり悪いと思っていた」

終局後のインタビュー(渡辺明竜王)

Img_1627 渡辺竜王「ずっと僅差で動いていて、際どい将棋と思っていた。最後、自玉が詰まない筋になって勝ちと思った。中盤は相当難しかった」

終局直後

Img_1633

Img_1621

(烏)

渡辺竜王勝利

Ryuou20101201_155

第23期竜王戦第5局は、155手まで渡辺竜王の勝ちとなりました。
終局は19時43分、消費時間は渡辺▲7時間58分、△羽生7時間59分。
渡辺竜王は七番勝負3勝目となり、竜王位七連覇まであと1勝。永世七冠を目指している羽生名人は、カド番で第6局を迎えます。

151手目▲5一金から

Ryuou20101201153

△4二玉▲5二金と進みました。そこで△3三玉なら後手勝ちと見られていましたが、羽生名人の指し手は△5二同銀。これは▲5一角から角を抜かれてしまいます。

Ryuou20101201154

(烏)

カテゴリ