カテゴリ「第23期竜王戦七番勝負第2局」の記事 Feed

2010年10月27日 (水)

渡辺竜王、七連覇へ向け大きな前進。第3局は11月10日・11日に対局

第2局は羽生名人が新手を披露し作戦的には成功を収めたが、渡辺竜王の粘り強さと勝負強さが勝利を引き寄せた。これで渡辺竜王は2連勝と好調なスタート。七連覇へ向け大きく前進した。いっぽうの羽生名人にとっては痛い1敗。これ以上スコアで離されないためにも、第3局を制して反撃の狼煙をあげたいところ。第3局は11月10・11日(水・木)、北海道河東郡「十勝川温泉 第一ホテル」にて行われる。

313

308
(ご観戦いただき、ありがとうございました)

(文)

第1局、第2局を見ての立会人の印象

立会人の島九段と森下九段に第1局と本局を見ての感想をいただきました。

Shima 島九段「第1局、第2局と、羽生さんらしい手が出ているが、終盤で精彩を欠いた感じです。普段の迫力に妖しさがないかもしれない。短いスパンでなら、あることではあります。羽生さんは修正の早さが特徴ですから、これから立て直してくるでしょう。渡辺さんも、当然これからが勝負と見ているはずです」


Morisita 森下九段「これまでの対局は、渡辺さんの勝ちたいという意志を強く感じます。渡辺さんが羽生さんの勝負手に臆することなく指している印象です。なかなかできないことです。逆に羽生さんに少し力みがあるかもしれません」

飯島七段の第3局の展望

Iijima_2 「これで渡辺竜王の2連勝になりました。防衛に大きく前進した一勝になりました。しかし、第3局以降、羽生名人の巻き返しがあるのではないかと思います。一局一局、目が離せません。私も次局から興味深く観戦いたします。本日は皆様ご観戦本当にありがとうございました。横歩取りか1手損角換わりか、どちらも最新型が濃厚なのかと思います。何が起こるか分からない。今回同様、序盤から目が離せません。次は何としても落とせない一局になるでしょうから、本局以上の素晴らしい熱戦になると期待しています。羽生名人が今回先手番を落として追い込まれましたが、次の第3局、新たに後手番で工夫の新しい指し回しを見せるのではないかと思います」

飯島七段の総括

Ryuou20101026_1 飯島七段に本局の総括をしていただきました。

「まず解説を見ていただいた皆様本当にありがとうございました。何から振り返ったら良いかわからない。矢倉の大熱戦の名局でした。まず本局は矢倉の最新型になりました。▲1五香(第1図)~▲6五銀と挑戦者の羽生名人が新しい攻め筋を披露しました。また封じ手の▲1三桂成は軽妙手でとても素晴らしい緻密な攻めの組み立て、羽生名人の棋風が出ていたと思います。

Ryuou20101026_2 私が印象に残るのは渡辺竜王の(74手目)△9六歩(第2図)です。無理に攻めると先手に駒を渡しかねないのでまず考えない順です。それと何と言っても85手目の▲8四馬です。これもおどろました。働いている馬ですから、桂と交換はかなり得な変化がないと考えないからです。

Ryuou20101026_3 93手目▲3四桂(第3図)と銀を取らないで▲5七角がかなり有力だったと思います。これなら羽生名人も戦えていたのではと思います。

Ryuou20101026_4 優勢になってからの渡辺竜王踏み込みが素晴らしかったです。特に108手目▲3五歩と打った局面、私を含めてほとんどのプロ棋士がおそらく△3三金引とすると思います。そこから飛車を取って一直線に勝ちを目指しました。渡辺竜王らしい豪快な勝ち方です。最後は△8四桂からの攻めが決まり渡辺竜王が一手違いの大熱戦を制しました。いろいろな要素が盛り込まれたシリーズを代表する一局になったと思います」

感想戦 (4) 羽生善治名人

249

252_2

255

260

(文)

感想戦 (3) 渡辺明竜王

2922

280

2841

2961

(文)

感想戦 (2)

2851

279

3001

(文)

感想戦 (1)

2511

264

270

274

(文)

終局直後

終局後にインタビューが行われ、その後すぐに感想戦が始まった。

243

2461

(文)

終局直後のインタビュー

渡辺竜王「受けに回らないといけなかったので、ずっと難しい将棋だった。好転したと思ったのは、本譜を発見できたので最終盤です。△5三角で詰まないのが分かって。それまでは、かなり際どかった。(本局を振り返って)作戦的には1日目から気を使う将棋だった。これからも引き続き、全力で頑張りたい」

羽生名人「封じ手の前後くらいでもうちょっとさえた攻めがあればと思いましたが、収まってしまいつまらない展開でした。その後はずっと足りない感じがした。もう少し際どい順があったと思う」

20101027_monitor2
(渡辺竜王からインタビューを受ける)

(銀杏)

カテゴリ