« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月の記事

2016年8月26日 (金)

局面が動く

__kifu_for_windows_pro_v6_64_06___4図は△8四飛と浮いた局面。▲7四歩を防ぐ手だ。先手は▲6九金から馬を取りにいくのは、△8六歩から△9四馬で馬が生還できる。現状は先手の1歩得だ。
 

三浦九段長考

20160826_164610 (△5八角に三浦九段が1時間以上使っている。写真は16時45分の館内カメラから)
 

東京・将棋会館2階

Dsc_0123 (毎週金曜の師範棋士は武市三郎七段。指導に定評がある)

Dsc_0119 (なごやかに進んでいく)

Dsc_0127
【東京・将棋会館道場 師範棋士制度】
http://dojo.shogi.or.jp/s_pro/index_shihan.html

 

決断の角打ち

__kifu_for_windows_pro_v6_64_06___3丸山九段が30分の考慮で△5八角と打った図の局面。「角の打ち場所だけでも3つあります。▲1六角、▲2七角、▲3八角です。▲2七角と打って▲3五歩を見せるのが働いていると思います」と石田四段。▲2七角から▲6八金引で後手の角を捕まえることができる。石田四段は▲2七角△6七角成▲同金に△7五歩を検討している。

Dsc_0063 (敵陣に角を放った丸山九段。角を打ったことで、局面が動きだしそうだ)
 

鳩森八幡神社

Dsc_0101 (本日の千駄ヶ谷は快晴。ギラギラとした日差しが照りつけている)

Dsc_0104

Dsc_0105

Dsc_0113(元気よくセミが鳴く)
 

14時15分の控室

Dsc_0098 (控室では千葉幸生六段と上村亘四段が検討中)

Dsc_0099(石田直裕四段が検討を見ている)

東京・将棋会館1階

Dsc_0097 (東京・将棋会館1階では盤駒だけではなく、扇子や書籍、さまざまなグッズが販売されている)

Dsc_0096 (渡辺明竜王の竜王位扇子)

1階の売店だけではなく、日本将棋連盟デジタルショップでもご購入いただけます。
http://www.rakuten.co.jp/shogi/

12時40分 対局再開

Dsc_0061(先に対局室に戻った丸山九段)

Dsc_0068_2

Dsc_0075 (三浦九段は再開から3分ほどして対局室に戻る)

Dsc_0094 (手番は三浦九段だが、着手はなかった)
 

昼食休憩時の特別対局室

Dsc_0039 (昼食休憩中の対局室)

Dsc_0042
 

昼食休憩

__kifu_for_windows_pro_v6_64_06___2△9五歩に三浦九段が13分使って昼食休憩。消費時間は▲三浦37分、△丸山1時間10分。対局は12時40分に再開される。
昼食の注文は丸山九段が冷やし中華のチャーシュー3枚増し(ほそ島や)を2つ。三浦九段が若鶏唐揚げ定食(みろく庵)。

Dsc_0052 (ほそ島やの冷やし中華のチャーシュー3枚増しを2つ)

Dsc_0050 (チャーシューの迫力)
対局者と同じものを注文して撮影しました。
 

カテゴリ