« 丸山九段の粘り | メイン | 17時15分の控え室 »

2011年12月 2日 (金)

丸山九段、待望の反撃

Ryuou20111201100

我慢に我慢を重ねてきた丸山九段に△8五歩が回ってきた。控え室も先手勝勢から、ややトーンダウン。残り時間が多い先手が優勢と言われているが果たして……。

「場合によっては危ないかもしれません。△8五歩は取る(▲同銀)と思うのですが」と中村修九段。

【Twitter解説】
「▲8五同銀△9五角▲7六銀で凌げればいいのですが、これは先手も怖いか。▲7三歩成もありそう。しかしそれは△同桂で8六の銀の行き場がなくなり、先手も忙しい。これはもう、先手も普通の手ではなかなか勝てなくなっている感じです。大接戦。どちらが勝つのか、まったく予想が出来ません。ただ言えるのは▲87手目▲2二銀不成では、▲2五桂として、後手に銀を渡さないようした方がよかったのではないか、という事だけです。この場面ではしかし、▲7一角や▲7三歩成などがあるものの、▲8五同銀と取れないようではおかしい気がします。渡辺竜王の方も、まさか自玉が寄せられるかどうかを考える展開になるとは、夢にも思っていなかったでしょう」(高橋九段)

△8五歩までの消費時間は▲渡辺竜王5時間59分、△丸山九段7時間55分。

Dsc_0003

カテゴリ