« 感想戦の模様(3) | メイン | 七番勝負第2局は、福島県福島市「摺上亭大鳥」にて対局 »

2010年10月15日 (金)

チャット解説・佐藤康光九段の総評

Satouy_4 横歩取りの最新型から、研究と気合のぶつかった戦いになりました。中盤以降も異次元の大局観が要求される神経をすり減らす戦いが続きました。最後はあっさりと終わってしまいましたが、見所の多い一局だったと思います。

Ryuou201010141_48 印象に残った手としましては、羽生名人のほうは、△5四飛から△2三歩の構想と△1一歩でしょうか。

Ryuou201010141_58_2戦い続ける強い意志を感じました。

Ryuou201010141_51 渡辺竜王のほうは▲5六香のやはり強い意志と▲4八銀から▲7一竜までの終盤術です。

Ryuou201010141_83 次局以降も素晴らしい戦いを期待したいと思います。 

カテゴリ