« 終局直後の両対局者 | メイン | 自宅解説棋士の感想 »

2009年10月29日 (木)

終局直後の談話

【渡辺明竜王】
「ずっと攻めが細かったので、最後まで分かりませんでした。ずっと入玉を心配していたのですが、▲3五金(135手目)と縛って入玉が無くなったので、勝ちになったかなと思いました。作戦的には…1日目に▲7五歩(53手目)と突いていく順は想定していませんでした。定跡から外れて、どうなっているのかちょっと分からなかったです。次も変わらず頑張りたいと思います。」

【森内俊之九段】
「1筋から、すんなりと飛車を成られてしまったので…少しでも攻めが重くなってくれればチャンスがあるかと思ったのですが。なかなか、こちらから攻める展開にならなかったですね。△7三角(52手目)は一回指してみたかった手ですが、その後の端攻めがかなり強烈だったですね。連敗となりましたが、気を取り直して頑張りたいです。」

(烏)

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

カテゴリ