« 超難解、超絶技巧 | メイン | 【梅田望夫観戦記】 (13) 羽生名人、大局観の勝利 »

2008年10月20日 (月)

パリの激闘の終焉

 さざ波のように襲う変化手順の検討を進める中、渡辺竜王が89手目、▲67金と指した。検討陣一同、「これは詰みですね。」

 羽生名人の手が盤上に伸び、△88金と指す。▲同玉△78金。ここまで、激闘を続けてきた両雄の頭が盤上に被る。終局の合図だ。パリでの激闘を制したのは、挑戦者である羽生善治名人。初戦を白星で飾った。

 終局後、両者疲労困憊の様相。これが、パリの激闘を何よりも如実に物語っている。25dsc_0255_2 26dsc_0255_2 27dsc_0255

カテゴリ