« 【梅田望夫観戦記】 (12) 佐藤康光棋王、現代将棋を語る | メイン | 81手目の局面、8手一組の千日手? »

2008年10月19日 (日)

大盤解説会、通訳付き

 今回のパリ対局でも、勿論大盤解説会を開催している。それに先立って、19日の午前中に指導対局も行った。

 前日同様、皆さん熱心なことこの上なく、只管、将棋を教わることに夢中である。
 午後1時30分から、大盤解説会。通訳付での解説会となる。米長会長が、ユーモアを交えながら、一手一手の解説を行っている。これから、佐藤棋王や佐藤(紳)六段も解説を行う。

20dsc_025521dsc_0255 22dsc_0255 18dsc_0255_2 19dsc_0255_2  

カテゴリ