« 17手目、先手58金 | メイン | エッフェル塔を臨む »

2008年10月18日 (土)

【梅田望夫観戦記】 (2) 人間が人間と戦う将棋の面白さ

 盤面は、一手損角換わりの最新形で進んでいる。

 二日制、持ち時間八時間の将棋は、一日制、持ち時間四時間のタイトル戦に比べて、時間がゆったりと流れている。

 後手・羽生挑戦者が選んだ一手損角換わりの将棋を、控え室の米長さんは「一手損角換わりはみんなで研究した結果、先手有利という結論になるだろう。しかし、それは私が生きている間に解明されるかはわからない」と予言する。果たして現代将棋には、米長の予言を超える革命的な変化が訪れようとしているのだろうか。それはまだ誰にもわかっていない。両対局者をはじめとした現代トッププロたちが、日夜、その解明にいそしんでいるのである。そのうちの一人である佐藤康光さんは「僕が生きている間にも解明されないと思いますよ。僕は後手番持つのも大好きなんですよね(笑)。」と言う。

 『羽生名人は常に安定した力を出してくると思う。自分がだらしないとシリーズが盛り上がりません。自分の出来次第だが、力を十分に発揮したい』

 「週刊将棋」10月15日号で決意をこう語る渡辺明竜王について、将棋にあまり詳しくない方にも興味を持っていただけるよう、ここで少し詳しくご紹介してみたい。

 

 羽生挑戦者を迎え撃つ渡辺明竜王は、羽生との世代対決を戦うべく宿命づけられた天才である。

 私も含め将棋ファンが初めて渡辺明という存在を知ったのは、1995年春、彼がまだわずか10歳のときのことである。それは河口俊彦七段が「将棋世界」誌人気連載「新対局日誌」(1995年4月18日の項)で、こう書いたからだ。

 『将棋界は十年に一度の割り合いで天才が現れる。みなさんご存知だろうか。名を挙げれば、加藤一二三、米長邦雄と中原誠、谷川浩司、羽生善治である。その流れからすると、羽生が四段でデビューしてから約九年。そろそろ大天才が現れる頃だと思っていた。

 歴史は誤らない。ちゃんと天才が現れたのである。

 渡邊明君といい、昨年奨励会に6級で入った。そして半年あまりたった今は、すでに2級である。年は小学校五年で十歳。(中略)

 用事にかこつけ、銀座に出て、「萬久満」に寄ると、中原、佐藤(義)、小倉の面々がいた。

 結局話し込んで、帰りは午前様になってしまったが、そこで例の渡邊少年の話をすると、中原さんは「ほう」と眼を輝かせ「その子に羽生君はやられるんだ」すかさず言った。こういう一言は書き留めておく値打ちがある。』

 これは一部では有名なエピソードだが、有名なだけに正確を期したいと思い、出発前に将棋世界のバックナンバーを探して当該個所を筆写してきた。彼はその頃まだ「渡邊」という姓を使っていたようである。

 渡辺は2000年、中学校卒業前に四段となった。過去に中学校卒業前に四段となった棋士は、加藤(一)、谷川、羽生の三人しかおらず、渡辺が四人目になった。河口がこの文章を書いた5年後のことだ。

 渡辺が「その子に羽生君はやられるんだ」という中原の予言を意識せずに成長したとは考えにくい。世代対決の申し子を自覚しながら四段になった15歳の渡辺は、当然のことながら自信満々だった。

 『放っておいても、自然にやっていれば、25歳くらいでトッププロになると思っていたんです、15歳のときは。』(将棋世界06年11月号)

 と渡辺は述懐するが、プロになって3年目に佐藤康光王将(当時)とぶつかり、羽生世代の強さを体で知り、強い危機感を抱くことになる。

 『3年目に佐藤さんと指して、「放っておいたらまずい」と思った。ちょっと模様がいい将棋だったんですが、勝ちきれなかった。あとから見るときわどい将棋であるんですけど、完全に読み負けている。

 終盤はほとんど読みにない手ばかり指されましたから。たしかに自分も多少は強くなるでしょうが、上も強くなりますから、25歳になっても、この関係はあまり変わっていないだろうと思った。佐藤さんと指して危機感を持ったのは大きかったと思います。』(同)

 と語っている。このインタビューの中では特定していないが、おそらく2002年5月29日の王座戦本戦で佐藤に敗れた将棋のことを言っているのだろう。危機感を持って精進した渡辺は、まもなく期待通りに頭角を現す。その翌年の王座戦本戦トーナメントで優勝し、羽生王座に挑戦することになった。このタイトル初挑戦が19歳のとき、2003年夏のことである。タイトルは獲得できなかったけれど、羽生をギリギリまで追いつめた五年前の王座戦は記憶に新しい。その最終局の観戦記を担当した青野照市九段は、

 『それにしても、終盤での羽生の指の震え方は異様だった。指が震えて駒が持てず、何回も手を引っ込める場面がモニターに映ったのである。初めて見る光景に、あの羽生にして今回の防衛戦が、いかに緊張していたかがうかがわれた。』(将棋世界03年12月号)

 と書いたが、羽生が大勝負で勝ちを確信したときに指が震えるようになったのは、渡辺とのこの王座戦最終局が初めてだった。

 そして20歳のとき(2004年12月)渡辺は、森内俊之竜王を下して初タイトルを獲得。竜王位に就いた。以来、三年連続で防衛し「五連覇で永世竜王」に王手をかけた。そして、竜王挑戦を決め「通算七期で永世竜王」に王手をかけた羽生挑戦者を、このたび迎え撃つことになったわけである。

 

 私が渡辺さんと個人的に親しくなったのは、彼が一般読者向けに初めて書いた著書「頭脳勝負」(ちくま新書)を出したときに、本の帯に推薦の言葉を書いたことがきっかけだった。

 2007年11月、ちょうど同じ月のちくま新書の新刊の二冊として、私の「ウェブ時代をゆく」と渡辺さんの「頭脳勝負」が一緒に店頭並ぶこともあって依頼があり、喜んで引き受けたのだった。

 そして彼の著書「頭脳勝負」をゲラ段階で読んで、私は彼の使命感と危機感に打たれた。そして羽生さんとの14歳の年齢差は、こういうところに現れるのかと目を瞠った。

 一言でいえば、渡辺さんは、「将棋が強ければ飯が食える」という棋士という職業の前提が、自分の時代には「放っておいたら」崩れるかもしれないという危機感を抱き、その厳しい現実に真剣に立ち向かう使命感と責任感を持った若きリーダーなのである。

 たとえば、一早くブログを書きはじめ、ファンに向けて棋士の日常を公開し、勝った将棋も負けた将棋も、翌日にはファンに向けて自ら本音を語って解説をするという画期的なことを、彼は始めた。将棋の世界を、より広いファン層に対して、身近に感じてほしいという彼の意志のあらわれである。
「頭脳勝負」の「はじめに」で彼はこう書いている。

 『棋士は将棋を指すことによってお金をもらっていますが、これはプロが指す将棋の価値を認めてくれるファンの方がいるからです。スポーツ等と同じで、見てくれる人がいなければ成り立ちません。

 ただ、将棋の場合「難しいんでしょ」「専門的な知識がないと見てもわからないんでしょ」とスポーツに比べて、敷居が高いと感じている方が多いように思います。確かに、将棋は難しいゲームです。しかし、それを楽しむのはちっとも難しくないのです。「なんとなく難しそう」というイメージで我々のプレーがあまり見られていないとしたら、残念なこと。というわけで、将棋の魅力を多くの人に伝えたい、と思って本書を書くことにしました。』

 誤解を恐れずにいえば、これまでの将棋界は、「将棋が好きなら、将棋を指してください。そして強くなってください。将棋の強さで、将棋への愛をはかりますよ」というところが強かったと思う。

 トーナメント・プロの世界はもちろんそれでいい。しかしメディアやアマチュアやファンも含めた、将棋に関わるすべての人たちの間に「将棋の強さという尺度だけで成立したピラミッド構造」がなんとなく存在し、それが渡辺さんの言う「敷居が高いと感じている方が多い」という状況を作り出してきた要因の一つなのではないかと思う。

 将棋の未来を切り開いていくためには、「指さない将棋ファン」「将棋は弱くても、観て楽しめる将棋ファン」を増やさなくてはいけない。渡辺さんはそう考えて「頭脳勝負」という本を書いた。さらにこの「頭脳勝負」という本は、対局者の心理戦の面白さを描き、「人間が人間と戦う将棋の面白さ」とは何かを突き詰めたもので、人間と人間が戦う最高峰の将棋の魅力は将棋のことをあまりわからない人でも十分に楽しめるものなのだという渡辺さんの願いがあらわれていた。こういう本を23歳という若さで書かなければならなかった渡辺さんに、私は、羽生世代のトッププロとは一味違った孤独を垣間見た。彼が「人間が人間と戦う将棋の面白さ」をあえて突き詰め、それを語る理由は、コンピュータ将棋が日に日に強くなっているという厳しい現実があるからだ。

 2007年3月、コンピュータ将棋「ボナンザ」との真剣勝負も、彼は受けて立った。「勝って当たり前、負けたらトッププロの面目を失う」という、失うものばかりの大きい割の合わない勝負を、彼は受けた。

 『 現在の将棋界を考えて、年齢的に見てぼくが一番適任かなと。三十代、四十代の方だと過去の実績が邪魔して引き受けにくいと思います。自分もこれからどのぐらい実績を積めるかどうかわからないけれど、やるなら今だと思って決めました。(中略)

 コンピュータ対人間の対局は、これからの将棋界の重要なコンテンツになっていくと思う。こういうちゃんとした舞台でやるのは初めてなので、その第一歩として、とにかくなんでもいいから勝ちたい(笑)。あんまり簡単に超えられてしまうとコンテンツとして成り立たなくなる。超えるか超えないかという状況が少しでも長く続いた方がやる方もファンも面白いと思います。』(将棋世界07年4月号)

 ボナンザ戦を前にこう語った渡辺さんを、私は立派だなと思った。果たして彼はボナンザに勝った。そしてボナンザ開発者との共著の中でこんなふうに語った。

 『人間代表が敗れる日が来るかもしれない。たとえそうだとしてもその日を1日でも先延ばしできるよう、自分自身の技術を磨いておかなければならないと私は思っている。

 ボナンザの実力は一発勝負ならプロに勝つ可能性が十分にあるレベルには達している。もし仮に竜王戦のランキング戦の一番下位である6組に参加する機会を得ることができたらどうなるか。毎年戦っていれば何局かに1回くらいはプロに勝ててもおかしくない。同じように他の公式戦もすべて参加することが許されて、年間30局くらい戦えば何人かはたぶん負かされるだろう。

 ただし、それでそのまま人間を超えたということにならない。コンピュータに厳しい表現をすれば、竜王戦6組で優勝争いにからむ戦績を残せるようになって、はじめてプロレベルに並んだといえる。6組の参加者が勝ち抜いて私の持つ竜王位に挑戦するには十数連勝はしなければならないのだ。

 コンピュータは確かに強くなった。でもトッププロに迫るにはまだかなりの時間がかかると私は予想している。』(「ボナンザVS勝負脳」保木邦仁、渡辺明共著 角川書店)

 人間の最高峰がコンピュータに敗れる日が来るとき、果たして、棋士という職業はどう変わるのか。

 それは、ベテラン棋士たちよりもうんと長期的な視点で人生を考えていかなければならない若手棋士にとっては死活問題である。そしてだからこそ自分たちの世代は、コンピュータとの戦いから絶対に逃げてはいけないのだと、渡辺さんは腹をくくっている。またコンピュータ・ソフト開発者に対し、トッププロという相手の手の内を研究し(むろんトッププロも真剣にソフトの手の内を研究する)、ソフトを改良して頂点を目指す真剣勝負を、自分たちと本気でやり続ける気概はあるのか、あるのなら俺は受けて立つぞ、と宣言しているのだとも読める。一回勝負で勝つとか負けるの話ではなく、実力紙一重の将棋の天才たち(これまでは人間だけ)がその頂点を決めるシステムの中にコンピュータ・ソフトも入って、本当に最後まで戦い続ける気があるのかと、渡辺さんは問うているのだ。そう問い、そう問うたことの責任を全うすることが、これからの棋界を背負う第一人者の仕事だと認識しているのである。

 本当に素晴らしい人が、羽生さんの次の世代に現れてくれた。

 私は渡辺さんについて、心からそう思うのだ。

 

R0010336

カテゴリ