2015年12月 3日 (木)

ご観戦ありがとうございました

Dsc_0768 (本局の棋譜)

Dsc_0751第28期竜王戦は渡辺新竜王誕生で幕を閉じた。
第29期竜王戦もお楽しみに。ご観戦ありがとうございました。
 

渡辺新竜王インタビュー

Dsc_0740 (大盤解説会場から渡辺新竜王は各社の共同インタビューに応じた)

―― あらためて、3期ぶりの竜王復位となり、率直な感想を。

渡辺 長く持っていたタイトルなので、取られてからは、また戻りたいという気持ちは持っていました。昨年は全然ダメで挑戦権に絡めなかったので、そういった意味では今年、戻ってこれたというのは、望外の結果ではありました。

―― 久しぶりに挑戦者の立場での竜王戦でした。心境は違った部分はありましたか。

渡辺 もちろん気持ちの違いは多少ありました。ただ挑戦者になるのは大変なので、チャンスは逃さないようにしたいと思っていました。

―― 今回は糸谷さんとの対戦で、タイトル戦では初となります。そのことに関しては。

渡辺 自分も30代になったので、年下とも戦っていかなければいけませんし。いままでは上の世代と戦っていましたが。 年下の新しい感覚を持った人たちとも戦っていかなければいけないので、そういった意味では第一歩といいますか。

―― いままで戦いと違って、今度は追われる立場だと。

渡辺 糸谷さんは後輩とはいっても、そんなに歳は違わないので。いままではだいぶ離れた人とやっていたので、そういう意味では気を遣わなくていい部分はありましたね。

―― 糸谷さんの印象は。

渡辺 凄い独特の将棋を指されるのですが、それを通されたというか、気持ちの強さを感じました。彼の立場からすると、第4局で失敗しているので、今日の将棋もまた同じ構想でこられてビックリしました。 しかしブレない強さというのも感じましたね。

―― 第1局のあたりは公式戦で連敗をしていて、あまり調子がよくないなと感じたのですが、どうやって転換したのですか。

渡辺 連敗していたときは、何をやってもうまくいく気がしなかったのですが(笑)。自分の将棋の何がまずいか、考えるいい機会になったというか。勝っているときは、そのままいけばいいので。そういった意味では、たまにそういう負け方をするのも、 糧にしなければならないので。

―― それが第2局から結果として出てきたと。

渡辺 連敗が続くようだと、それも実力ですし。巻き返せたら、それも実力ですし。なるようになれと、そういう心境でした。 特別にやり方を変えるということはなかったです。

Dsc_0759

―― 今年一年、棋王防衛、王将失冠、竜王奪取というタイトル戦成績でした。振り返ってみてどうでしたか。

渡辺 タイトルは2つ持っている状態から始まりました。王将戦で1つ減ってしまったので、今回、竜王戦でまた二冠に戻れるかどうか。そういう意味でもこの七番勝負は勝ちたいと思ってやっていました。

―― これで竜王通算10期という節目になりましたが。

渡辺 ちょっと中途半端なところで終わってしまったというのがあったので、区切りの数字を迎えられたことは嬉しく思いますし、このタイトルをずっと持っていたという愛着がありました。なので今回に懸ける思いはありました。

―― 30代になられて正念場ということ、おっしゃられていますが、大きな結果を残されましたが。

渡辺 タイトルをいくつ持っているかは、重要視しています。1つに転落してしまいましたが、そこから2つに戻すことができて、これを励みにさらに増やしていけるようにやっていきたいと思います。
 

感想戦、そのあと……

Dsc_0710 (最後まで大盤解説会場に残ってくれていたファンのために、渡辺新竜王が会場へ)

Dsc_0723 (飯島七段とともにポイント解説)

Dsc_0731 (渡辺新竜王と入れ替わりで、糸谷竜王も大盤解説会場へ)
 

感想戦

Dsc_0669

Dsc_0689

Dsc_0676 (今期の復位で竜王は通算10期となった渡辺新竜王)

Dsc_0682

Dsc_0695  

終局直後

Dsc_0643 (渡辺竜王復位。報道陣が大挙してなだれこむ)

Dsc_0650 (局後の談話に応じる渡辺新竜王)

―― 渡辺さん、おめでとうございます。まず本局を簡単に振り返ってください。

渡辺 主導権は取れたので、いけるかなと思ったのですが。2日目の午後はもう分からなかったですね。

―― 最後は入玉までなったわけですけども。

渡辺 本当は入られる前に捕まえたかったのですが、入られてしまったので、見通しは立たなかったです。

―― では、これで勝ちという局面は……

渡辺 詰ましているわけではないので……。間違えなければ、最後は駒数が。

―― 3期ぶりに竜王に返り咲かれましたね。

渡辺 ずっと目標にしていたので。こんなに早く達成できると思わなかったので、嬉しいですね。

―― シリーズ全体では4勝1敗ですが、うまく指せたという感じですか。

渡辺 そうですね。結果がでたので、まずまず指せたと思います。

Dsc_0662

―― 糸谷さん、まず本局は。

糸谷 ちょっと、前局と同じく中央志向でいったのですが、金銀がバラバラになるので。だいぶ気を使って指したつもりだったのですが、しかし仕掛けられて自信がないのでは、ちょっと変なのですかね。

―― 結果は1勝4敗ということだったのですが。シリーズ全体を振り返って。

糸谷 序中盤で悪くした将棋が多かったので、ちょっと内容が悪くなってしまいました。

渡辺棋王勝利 3期ぶりに竜王に返り咲く

20151203c

糸谷哲郎竜王に渡辺明棋王が挑戦する第28期竜王戦七番勝負第5局は18時49分、125手で渡辺棋王の勝ちとなりました。消費時間は▲渡辺7時間47分、△糸谷7時間59分。
本局の結果、七番勝負は4勝1敗で渡辺棋王が制して竜王復位、竜王獲得計10期となりました。

後手は入玉を果たしたが……

__kifu_for_windows_pro_v6_63_23___8 後手玉は1九まで入って入玉を果たしたが、いかんせん駒が足りない。先手は大駒(5点)を4枚すべて保持している。糸谷竜王にとっては苦しい局面になった。

カテゴリ