2018年8月14日 (火)

感想戦


Dsc_0929

Dsc_0906

Dsc_0919

Dsc_0912

Dsc_0922

Dsc_0936

感想戦は約40分と比較的短めに終わりました。第2局は8月27日(月)に同所で行われます。ご観戦ありがとうございました。

終局直後のコメント


Dsc_0864_2
深浦九段「やったことがない戦型ですけど、先手番を生かして積極的にいきました。(第2局に向けて)引き続き集中して臨みます」

Dsc_0877 広瀬八段「十字飛車の筋は読んでいるうちに、桂を取らせる順を軽視してしまって。取り返しのつかないことになってしまい、あとはやっているだけになってしまいました。(第2局に向けて)三番勝負なのでまだチャンスはあると思って臨みます」

Dsc_0886002

深浦九段が勝利

0814087▲深浦-△広瀬戦は19時46分、87手で深浦九段が勝ちました。消費時間は、▲深浦4時間13分、△広瀬3時間29分(持ち時間は各5時間)。第2局は8月27日(月)に行われます。


先手よしの形勢

20180814i控室では読売新聞観戦記解説役の飯塚祐紀七段や対局を終えた飯島栄治七段、佐々木慎六段、伊藤真吾五段、上村亘四段が継ぎ盤で検討しています。図の△6五歩を▲同桂と取り、△同金に▲5四銀と出て先手よしといわれています。以下△6六金は▲6三銀成△同銀▲6六歩で、次の▲5五桂が厳しいと見られています。

Dsc_0858

広瀬八段が勝負に出る

19時頃、図の局面を迎えました。苦戦と見られている広瀬八段が5三の金を6四に出て反撃に転じました。しかし、▲6四同角△同飛に▲4三歩成が厳しく、先手が優勢と見られています。

20180814h

対局再開

18時40分、対局が再開しました。深浦九段の指し手は▲5五角でした。

20180814g

夕食休憩時の特別対局室

夕食休憩時の特別対局室の様子です。

Dsc_0839

Dsc_0843

Dsc_0847

Dsc_0851

カテゴリ