2016年7月29日 (金)

対局見学

Dsc_0043 (茨城県立鹿島高等学校、明治学院東村山高等学校の将棋部員が、本局の開始時を見学した。特別対局室の両者の所作をどのように感じ取ったのだろうか)

Dsc_0055 (真剣なまなざしで対局者を見つめていた)
 

対局開始直前

Dsc_0010 (駒袋を開ける丸山九段)

Dsc_0027 (駒を並べる深浦九段)

Dsc_0030 (丸山九段の振り歩先で振り駒が行われる。結果は歩が3枚。丸山九段の先手に決まった)
 

対局開始

Dsc_0038 (定刻の10時、対局が開始される。歩を押し出すようにして、初手▲7六歩を着手する丸山九段)

Dsc_0046 (深浦九段の2手目は△3四歩だった)

Dsc_0052 (3手目▲2六歩と飛車先を突く丸山九段) 
 

 

準決勝 丸山九段VS深浦九段

第29期竜王戦(主催・読売新聞)は決勝トーナメントが進行中。
7月29日(金)10時から東京・将棋会館「特別対局室」で行われるのは、トーナメント準決勝、丸山忠久九段(1組優勝)-深浦康市九段(1組4位)戦。
先に挑戦者決定戦進出を決めている三浦弘行九段と戦うのは、丸山九段か深浦九段か。
持ち時間は各5時間。先後は振り駒で決定される。

中継は棋譜コメント入力が文、ブログを吟が担当する。どうぞよろしくお願いいたします。

【YOMIURI ONLINE】
http://www.yomiuri.co.jp/

2016年7月26日 (火)

感想戦

Image_68

(強い踏み込みで優位を築いた三浦九段。最後は詰将棋のような詰みを見せた)

Image_63

Image_58

(久保九段は懸念の角をさばいたはずが、攻め合いで1手足りなかった)

Image_57

Image_62

(口頭で検討したあと、仕掛けた局面から並べなおす)

Image_64

Image_65

(感想戦は22時20分頃に終了した)

次回の中継は7月29日(金)、1組優勝の丸山忠久九段と1組4位の深浦康市九段の一戦です。

ご観戦ありがとうございました。

三浦九段が挑戦者決定三番勝負進出

92



図の局面までで三浦九段の勝ちとなりました。終局時刻は21時52分。消費時間は、▲久保4時間50分、△三浦4時間57分。三浦九段が第18期以来、2度目の挑戦者決定三番勝負進出を決めました。

後手優勢

80

後手玉にも詰めろがかかりましたが、△2四玉と上がった形が広く、後手優勢がはっきりしてきたようです。しかし▲3六金と打つなど、先手も粘りの利く形です。

Dsc_0358

Dsc_0272

Dsc_0444

(21時30分頃の千駄ヶ谷)

カテゴリ