2017年7月26日 (水)

松尾歩八段(1組優勝)-久保利明王将(1組4位)戦

第30期竜王戦(主催:読売新聞社)は決勝トーナメントが進行中。7月27日(木)は松尾歩八段(1組優勝)-久保利明王将(1組4位)戦を中継します。本局の勝者は挑戦者決定三番勝負に進出します。対局は東京・将棋会館「特別対局室」で10時開始。持ち時間は各5時間。先後は振り駒によって決定されます。

【ニュース速報:読売新聞(YOMIURI ONLINE)】

http://www.yomiuri.co.jp/ 

インターネット中継は棋譜・コメント入力を睡蓮、ブログを玉響が担当します。
どうぞよろしくお願いいたします。

2017年7月16日 (日)

感想戦(2)

2_11

1_8

3_9

2_12

以上で本局の中継を終了いたします。次回は7月27日(木)に松尾歩八段(1組優勝)と久保利明王将(1組4位)の一戦をお送りいたします。本日はご観戦ありがとうございました。

感想戦(1)

Img_2192

2_10

3_8

1_7

終局直後

Img_2177
(終局直後の様子)

Img_2174

◆勝った久保利明王将へのインタビュー

── 一局を振り返って。
久保 △2八歩(44手目)からと金を作りにいったのですが、それがどうだったか。取った香も6筋にしか使えなかったので、ずっと難しい将棋だと思って指していました。

── 好転したと思ったのは。
久保 △5七歩成(92手目)が結構な勝負手だったのか。ちょっと調べてみないと分かりませんが、自玉が安泰な形で攻めることができたので、それがよかったのかもしれません。

── 準決勝に向けての意気込みを。
久保 しっかり準備をして臨みたいと思います。

Img_2185
◆敗れた佐々木勇気六段へのインタビュー

── 一局を振り返って。
佐々木 途中まではいい勝負で食らいつけたと思うのですが、やはりあと一歩深く読まなくてはいけないなと思いました。形勢判断が甘くて気づいたら悪くなっていました。

久保王将がベスト4進出

Ryuou201707160101_118118手で久保王将の勝ちとなりました。終局時刻は22時14分。消費時間は▲佐々木4時間59分、△久保4時間50分。勝った久保王将はベスト4に進出し、1組ランキング戦を制した松尾歩八段と準決勝を戦います。

後手勝勢

Photo_45

99手目▲6五飛以下、△7七成香▲同玉△4四馬▲6六角△同馬▲同飛△4四角と進みました。この王手飛車のラインが厳しく、棋士室では北浜八段が「これは(後手よしで)はっきりしましたね」とコメントしています。

Img_2162

勝負手

Photo_44

佐々木六段は92手目△5七歩成に対し、1時間1分の長考で▲同金を指しました。以下△同飛成▲7二銀成△同金▲5七角△6七香成▲6五飛と進んでいます。残り時間は▲佐々木六段12分、△久保王将15分です。

カテゴリ