2019年8月23日 (金)

Dsc_0542(終局直後)

Dsc_0544(踏み止まった木村九段。タイに戻し、第3局に望みをつないだ)

【木村九段の談話】

――本局を振り返ってください。

木村 難しくて分かりませんでした。玉がちょっと不安定な格好をしているので。

――控室では「終盤は押されている」という評判でした。

木村 ああ、そうですか。まあ、ちょっとよく分からなかったですね。

――よくなったのは?

木村 飛車を出たあたりですかね。詰めろになったので、ちょっとよいかなと。

――1勝1敗のタイになりました。第3局の意気込みをお願いします。

木村 一生懸命指したいと思います。

Dsc_0551(敗れた豊島名人)

【豊島名人の談話】

――お疲れさまでした。一局を振り返ってください。

豊島 難しかったと思うんですけど、ちょっと途中で間違えてしまったのかなと思います。

――間違えたのはどのあたり?

豊島 ▲4六歩と取ったところで、▲7四桂と決めておいて。まあそれでも、もしかしたらまずいのかもしれないけど、そのほうがアヤがあったような気がします。その前にちょっと間違えているのかもしれません。すぐにはわからないですね。

――第3局の抱負をお願いします。

豊島 気持ちを切り替えて、頑張りたいと思います。

20190823a

挑戦者決定三番勝負第2局は木村九段が豊島名人に勝ちました。投了図以下は▲4七玉△4六飛▲5八玉△6八金までの詰み。終局時刻は21時50分。消費時間は▲豊島名人4時間59分、△木村九段4時間36分。木村九段が逆転で第2局を制し、挑戦者決定三番勝負を1勝1敗のタイとしました。第3局は9月5日(木)、東京・将棋会館で行われます。

80

△4六飛と走り、形勢は木村九段がよくなりました。▲4七歩に△4四飛が馬取り。以下▲7五馬は△8八桂成からの寄せが間に合います。

Dsc_0475_2(豊島名人は苦しいと見られている。何か勝負手を見つけられるか)