カテゴリ「*第34期竜王戦挑決第2局」の記事 Feed

2021年8月30日 (月)

20210830g図は17時15分過ぎの局面。すでに終盤戦といっても過言ではない状況になっています。△7五角は詰めろ飛車取りではありますが、▲6一飛成△同玉と王手で飛車を切ってから▲6六歩とされると、後手の指し手が難しいようです。以下(1)△6六同角は▲6四飛がありますし、(2)△8八馬と金を取るのも▲8三飛が厳しいです。藤井王位・棋聖は、△7五角に対して30分ほど考慮中。最後まで読みきろうとしているのかもしれません。

Dsc_31081 (藤井王位・棋聖。勝ちにつながる順を見いだしたい)

Dsc_31961 (永瀬王座は粘り腰を発揮できるか)

20210830f図は15時55分頃の局面です。▲6五飛~▲8三角の筋が実現しています。ここで(1)△8八馬と金を取るのは▲6一角成△同玉▲6三飛成△7一玉▲8三歩で先手勝ち筋なので後手は(2)△6二金などと受ける必要がありますが、▲7四角成と飛車を取られるのも痛いです。藤井王位・棋聖がペースを握ったものと思われます。

Dsc_31861 (第1局を制している藤井王位・棋聖は、本局で勝てば豊島将之竜王への挑戦権を得る)

20210830e図は14時35分頃の局面です。▲4八玉で手を渡された永瀬王座は、△8八歩▲同金△1四角という順で攻めに出ました。後手は馬を作れそうですが、控室の高野秀六段は、ここで▲6五飛という手を指摘しています。▲8三角~▲6一角成△同玉▲6三飛成という筋を狙いにした飛車の転回で、以下△8四飛という受けなら、▲2五歩で後手の角の利きを止めることができます。

Dsc_31991 (永瀬王座。▲6五飛にはどのような順を用意しているのか)

20210830d13時23分、藤井王位・棋聖が休憩を挟んで1時間18分の考慮で▲4八玉と指しました。代えて▲8三角から△8四飛▲6一角成△同玉▲9五飛と一気に踏み込む順も考えられましたが、戦場になっている7筋~9筋から玉を遠ざかり、いったん一呼吸置いた格好です。後手はぼんやりしていると次こそ▲8三角がくるので、何らかの対応が求められています。

Dsc_31271 (藤井王位・棋聖。すぐの踏み込みは見送った)

Dsc_32511 (再開直前の対局室。ともに12時20分には盤の前に戻っていた)

Dsc_32611 (集中した様子で考える永瀬王座)

Dsc_32641 (藤井王位・棋聖は、再開の時刻になっても指す気配はなかった)

Dsc_32751 (午後の戦いに入る)

20210830cこの局面で藤井王位・棋聖が34分使ったところで正午になり、昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲藤井44分、△永瀬1時間0分。昼食の注文は、永瀬王座が「肉豆腐(キムチ)弁当(具はきのこと糸こんにゃくからきのこを選択)」(鳩やぐら)、藤井王位・棋聖が「和風山椒ポークカレー」(鳩やぐら)です。対局は12時40分に再開されます。

Dsc_32361 (永瀬王座の昼食)

Dsc_32331 (藤井王位・棋聖の昼食)

20210830b図は11時45分頃の局面です。先手が一度2八に引いた飛車を2五に構え直して中段ににらみを利かせると、後手は△3四歩から角交換に持ち込んで、盤上の緊迫度がどんどん増してきています。現局面までの藤井王位・棋聖の消費時間はまだ通計で10分ですが、ここは先手も手が広そうなので、まとまった時間を使うものと思われます。

Dsc_31151 (藤井王位・棋聖)

20210830a

第1局で意表の三間飛車を採用した永瀬王座ですが、本局では通常通りに2手目△8四歩から居飛車を選択しました。戦型は相掛かりに。後手が△7六飛と横歩を取ったのに対して先手が負けじと▲8二歩△9三桂▲9五歩(図)と動き、早くも戦いに入っています。ともにまだ消費時間は少なく、想定の範囲内と思われます。

Dsc_31371 (永瀬王座。自陣に隙ができることを恐れずに、堂々と横歩を取った)

Dsc_31011 (藤井王位・棋聖は、9時30分頃と早めの入室。上座に着いた)

Dsc_31021

Dsc_31281 (永瀬王座は9時40分頃に入室した)

Dsc_31461 (永瀬拓矢王座)

Dsc_31501 (藤井聡太王位・棋聖)

Dsc_31511 (読売新聞観戦記は、高野秀行六段が担当する)

Dsc_31531

Dsc_32131 (定刻の10時になり、開始の礼を交わす)

Dsc_32202 (先手番の藤井王位・棋聖は、お茶を飲んでから初手▲2六歩と指した)

Dsc_32242 (永瀬王座は△8四歩と返す)

Dsc_32262

読売新聞オンラインでは、棋譜や写真つきのタイムラインを見ることができます。

【読売新聞オンライン|挑戦者決定三番勝負第2局詳報】
https://www.yomiuri.co.jp/igoshougi/ryuoh/20210827-OYT8T50120/

また、読売新聞はTwitter上でも竜王戦の情報を発信しており、写真も多くアップされています。

【読売竜王戦】
https://twitter.com/yomiuri_ryuo
【読売新聞写真部】
https://twitter.com/tshashin