カテゴリ

*第92期棋聖戦五番勝負第3局

2021年7月 3日 (土)

藤井棋聖、残り1時間を切る

20210703_51図は15時50分頃の局面。ここで藤井棋聖の手が止まり、残り1時間を切りました。一方の渡辺名人は1時間36分残しています。

(玉響)

午後のおやつ

15時、午後のおやつはドリンクのみで、藤井棋聖が「オレンジジュース」、渡辺名人が「アイスコーヒー」です。

A7303392_2(オレンジジュース)

A7303397(アイスコーヒー)

(玉響)

沼津御用邸記念公園

第3局の開催地である沼津御用邸記念公園は、もともと沼津御用邸の名称で1893年(明治26年)に大正天皇の静養先として造営されました。その後、施設の老朽化などを理由に沼津御用邸が廃止され、1970年に沼津御用邸記念公園として一般公開されるようになりました。対局が行われている東附属邸第一学問所は、昭和天皇の御学問所として赤坂離宮の官舎を移築し、1903年に造営されたものです。

【沼津御用邸記念公園|静岡県沼津市公式ホームページ】
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/goyotei/index.htm
【沼津御用邸記念公園の立地|同上】
https://www.city.numazu.shizuoka.jp/kurashi/shisetsu/goyotei/richi/index.htm

A7303177(本邸正門)

A7303179_2(園内には約2300株のアジサイが植栽されている)

A7303185

A7303174(対局が行われている東付属邸学問所の入り口)

A7303176_2

(玉響)

渡辺名人、長考に沈む

20210703_42図は5二の金を4二に寄った局面。時刻は14時30分を回ろうとしていますが、まだ昼食休憩明けから1手しか進んでいません。先手は▲5七銀と引くと△2三歩~△9九角成で形勢不利になるため、攻め続けるよりない局面です。

(玉響)

昼食休憩明け

A7303298(先に戻ってきたのは藤井棋聖)

A7303332

A7303336_2(渡辺名人は12時58分に戻ってきた)

A7303313

A7303360

A7303278

A7303377(地元の将棋教室に通う子どもたちが再開の様子を見学した)

(玉響)

昼食休憩時の対局室

A7303239

A7303244(手番の藤井棋聖側から撮影。本局の使用駒は富月作の水無瀬書)

(玉響)

昼食休憩

20210703_4112時、この局面で藤井棋聖が4分使って昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は☗渡辺31分、☖藤井2時間2分。昼食の注文は、藤井棋聖が「富士山キーマカリー」、渡辺名人が「オムライス」です。対局は13時に再開されます。

A7303259(藤井棋聖の昼食)

A7303255(渡辺名人の昼食)

(玉響)

記念撮影

引き続き、昨日の模様をお送りします。色紙と扇子に揮毫したあとは、園内で記念撮影が行われました。

A7302724

A7302761

(玉響)

揮毫

昨日行われた対局検分後、両対局者は色紙や白扇に揮毫しました。

A7302651

A7302632(色紙に揮毫する藤井棋聖)

A7302780

A7302618(扇子に揮毫する渡辺名人)

A7302611

A7302657

A7302661 (立会人の青野九段は入念に下書きしてから桐箱にサインを入れていた)

A7302706

(玉響)

午前のおやつ

10時、午前のおやつは藤井棋聖が「水神餅、アイスコーヒー」。渡辺名人が「パンケーキ、アイスコーヒー」です。

A7303167(藤井棋聖のメニュー。水神餅は沼津御用邸記念公園内にある紫陽花茶屋で購入できる)

A7303159(渡辺名人のメニュー)

A7303162

(玉響)

=== Copyright (C) 2009 >>> The Sankei Shimbun & Japan Shogi Association === All Rights Reserved. ===