カテゴリ「第29期竜王戦挑決第1局」の記事 Feed

2016年8月15日 (月)

感想戦

20160816_kanso2

20160816_maruyama6

20160816_kanso3 (感想戦は22時10分ごろ終了した)

20160816_kifu (本局の棋譜。本日はご観戦ありがとうございました)

終局直後

20160816_maruyama5 (先勝した丸山九段)

20160816_miura6 (敗れた三浦九段はあとがなくなった)

20160816_kanso1 (感想戦の様子)



丸山九段先勝

20160815m

渡辺明竜王への挑戦を目指す第29期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局の▲丸山忠久九段-△三浦弘行九段戦は、21時39分に101手で丸山九段の勝ちとなりました。消費時間は▲丸山4時間59分、△三浦4時間18分。勝った丸山九段は、あと1勝で挑戦者です。
挑戦者決定三番勝負第2局は8月26日(金)に東京・将棋会館で指されます。

21時25分ごろの控室

20160816_hikaesitu5 (広瀬八段、村山七段、佐藤和俊六段、及川拓馬六段が検討)

後手の勝負手

20160815l

図は73手目▲5六飛の局面。ここから△3五飛▲4四金△5五銀と三浦九段が勝負手を出しました。以下丸山九段は▲5三金△同玉▲4四角から寄せに出ました。最終盤を迎えています。

20160816_monitor3 (頭を抱える丸山九段)

一挙両得の金寄り

20160815k

図は69手目▲5五金の局面。この手はふたつの意味があります。ひとつは4七香と連動させて▲4四金と出て後手玉に迫る意味。もうひとつは▲7三歩成△同桂▲7四歩に△6五桂と金を取られるのを避ける意味です。

長考の末の一手

20160815j

図は55手目▲4六歩の局面。丸山九段は58分の長考で、角を直接攻める指し方に出ました。△2八歩成▲4五歩△8八角成▲同玉△2九とが予想されています。
▲4六歩のほかに▲5六歩と突く手も有力といわれていました。いずれも先手十分が検討陣の見解でした。比較検討に時間を使ったと考えられます。

20時過ぎの控室

20160816_hikaesitu4 (将棋プレミアムで解説を務める阿久津八段と井道女流初段が控室を訪れた)

19時35分過ぎの控室

20160816_hikaesitu3 (対局を終えた富岡英作八段が検討に加わる)

個性の出た指し方

20160815i

図は54手目△2七歩まで。控室では直前の△7三歩では△7三桂、△2七歩では△2八歩が本命視されていました。△2七歩は△2八歩成から△3八とで銀を取りにいくつもり。
意外な手順ですが、「三浦さんらしいといえば、三浦さんらしいです。陣形についてのとらえ方が独特なんです。7三歩が堅いので△2七歩が間に合うと見ているのですね」と控室を訪れた棋士が話します。
ただし、形勢は先手が少しよいようです。丸山九段は50分以上使い、残り時間は15分を切りました。三浦九段は残り1時間21分です。

カテゴリ