カテゴリ「第26期竜王戦七番勝負第1局」の記事 Feed

2013年10月18日 (金)

森内名人勝勢

110
△9六歩と渡辺竜王がたたいた局面。▲同玉は△9五歩と再度たたかれる手が気持ちが悪い。△9六歩は▲同金と取るのが手堅く、後手は攻めを継続するのが難しいと検討陣は見ている。森内名人が優勢から勝勢へ。リードを広げている。

森内名人優勢

2txt101 手厚く森内名人が▲6四角成と馬を作った局面。▲6四角成に渡辺竜王の手がピタリと止まる。控室の継ぎ盤も止まってしまった。先手玉に迫るのが難しい。

■ニコニコ生放送■
加藤一二三九段>先手は手厚く玉が広くて捕まりにくいです。しかも駒得が大きいので、いよいよ渡辺竜王が苦しくなったのではないでしょうか。
苦しいように見えますが△3一角と打ってどうでしょう。▲5三桂と打つと△5二歩▲同成銀△5一歩で逆転します。以下、成銀がどこに行っても△5三角で桂馬を取れる仕組みです。となると△3一角は渡辺竜王の最有力手ではないでしょうか。

 

Dsc_0565 (▲4五歩で後手の金を捕まえて、うまく攻めを誘った森内名人)

ギリギリの受け

97
▲7六金打と森内名人が受けた局面。「この瞬間は怖い。△4九角という筋がつきまとっています。怖いだけで先手は駒得しているので余しているということもありますけどね。誰でも選べる手順ではないですよ。後手は7三と8六の角、△9七歩成から桂と香も手に入ります。△9七歩成は▲同香△同香成▲同桂なんでしょうね。桂は渡しにくい。△8六銀▲同金に△7五桂がありますから」と真田七段。
「調べてみると先手の駒得がやはり大きいですね。▲7六金打に△8六銀▲同金△4四歩と手を戻しましたね。ここで手を戻すのでは……という気もします。ただ先手から▲4三歩成が入ると飛車を渡せなくなってしまいます。とはいえ先手玉は不安定で楽な展開とは言えません」と千葉六段。

 

Dsc_0747 (中腰で継ぎ盤を見る千葉六段)

先手 ペースをつかむ

1txt90
△9五歩と渡辺竜王が突いた局面。先手は角・桂と銀の交換で駒得。「先手は自然に指していけばいいですね。後手がどれだけ厳しい攻めを繰り出せるかですね。先手が悪い理屈はないと思います」と真田七段。
「(△9五歩に)▲7五角打が自然だし、いい手だし、後手が困っていますよ」と話すのは藤井九段。
控室では先手持ちの声が大きくなっている。

Dsc_0552 (渡辺竜王の攻めを受けてペースをつかんだ森内名人)

大盤解説会場へ

Dsc_0724 (すでに250人ほどの方が来場している)

Dsc_0741 (15時30分からの解説は鈴木八段と北尾女流二段)

Dsc_0732 

Dsc_0734 (▲7四銀不成の局面で△7七歩▲8三銀不成の変化を解説する鈴木八段)

明日はイベント開催

竜王戦に訪れたプロ棋士などを交えた様々な子ども達を中心とした将棋イベントが開催される。奮ってご参加ください。

日程

10月19日(土)10時~15時(12時~13時は休憩)


場所

いちいのホール3階 〒270-0226 野田市東宝珠花237-1/TEL:04-7198-1111 (東武野田線「川間」駅より朝日バス「関宿はやま工業団地行き」他で約15分、「関宿支所入口」より徒歩2分)

入場

無料(当日受付)

出演棋士

青野照市九段、田中寅彦九段、千葉幸生六段、伊藤真吾四段、鈴木環那女流二段、北尾まどか女流二段

内容

(1)プロ棋士による対局と大盤解説/午前・午後の2回予定
(2)プロ棋士による指導対局(級位認定)/ 午前・午後の2回予定
(3)どうぶつ将棋の紹介と対局
(4)将棋盤太刀盛り実演/11時~、14時~の2回/実演 吉田寅義氏
(5)駒つくり実演・高級駒展示)/実演 駒師蛍雪(中澤貞夫氏)

Dsc_0626

2日目15時のおやつ

Dsc_0705 (渡辺竜王の注文はチーズケーキとアイスコーヒー)

Dsc_0709 (森内名人が樽丸もなかと和菓子、グレープフルーツジュース)

Dsc_0719 (野田市役所の方が撮影用にもうワンセット用意してくれました。樽丸もなかは樽の形をしており、野田市の名物だ)

14時43分の控室モニター

Dsc_0694 (▲8三歩のたたきに対し、△同飛と応じる渡辺竜王)

Dsc_0695 (△8三同飛に▲7四銀不成と飛車と桂の両取りを掛ける森内名人。これは互いに引っ込みがつかない局面となった)

「▲7四銀不成には△9七桂成や△7七歩、△8一飛が候補ですね。△8一飛に▲8五銀引は△8六角~△8五飛。▲8五銀上は△7三歩があります」と真田七段。

目を奪われる庭園

Dsc_0647
(対局室側から見た庭園)

Dsc_0659(手入れが行き届いている)

Dsc_0656 (対局室は「松」の間)

※写真は昼食休憩時に撮影したものです。

勝負どころ

1txt79▲4五歩と森内名人が突いた局面。後手の金は捕まった。「完全に勝負どころとなりましたね。踏み込みますね」と控室を訪れた真田圭一七段。
▲4五歩に△8五桂と跳ねた渡辺竜王。次に△7七歩が厳しい。時刻は14時を回り、盤上は激しくなってきた。

Dsc_0686 (じっとモニターを見る真田七段。真田七段は第10期竜王戦の挑戦者)

Dsc_0687 (警察大学校で5年ほど指導や講義をしている真田七段からの差し入れ、パトクッキー。市販はされていないとのことだ)

Dsc_0690

カテゴリ