カテゴリ「第22期竜王戦挑決第1局」の記事 Feed

2009年8月17日 (月)

本局の棋譜

Gazou_158_2
ご観戦いただき、ありがとうございました。第2局は9月1日10時より、東京千駄ヶ谷の将棋会館で行われます。

感想戦

Gazou_149 Gazou_145_2

Gazou_134 Gazou_143_2

(烏)

終局直後

Gazou_124_2(感想戦に入り、足を崩す森内九段。深浦王位はしばらく正座のままだった)。

(烏)

第1局は深浦王位が勝利

10209aug17 第22期挑戦者決定三番勝負第1局▲森内俊之九段-△深浦康市王位戦は、102手まで深浦王位の勝ちとなりました。
消費時間は森内4時間56分、深浦4時間55分。第2局は9月1日に千駄ヶ谷の将棋会館で行われます。

(烏)

森内に落手?

8909aug17 △7五歩に対する森内九段の応手は▲3九金。控え室ではすぐに「これはうっかりだ」の声が上がりました。
▲3九金には△6八銀成という手があり、以下▲同角△3九竜と、ポロリと金が取られてしまいます。

(烏)

深浦の攻め、森内の受け

8809aug17
深浦王位の猛攻を森内九段が凌ぎに行く展開になりました。
図の△7五歩は、▲同銀なら△6七歩成。放置すると△7六歩。いずれも先手玉が詰めろになります。

(烏)

21時45分頃の検討

7709aug17 8809aug17b

左図が現局面。ここから△7六歩▲6五銀△7七銀▲6九玉△4八歩▲同金△4七歩▲同金△8八飛▲5九玉△3八飛成と進んだ変化が右図。
途中の△4八歩~△4七歩は松尾七段が指摘した手。「こういう歩は残って、後でと金になったら嫌。全部取ります」(渡辺竜王)
「あ、そうか。▲4七同金には△2八飛の方が厳しいですか」(松尾七段)
「それ、痛い。単にの方が痛いですね」(渡辺竜王)

(烏)

21時半頃

Gazou_120_2 Gazou

松尾七段が連合軍相手に奮闘中。松尾七段の隣では、佐藤和五段が静かに盤面を見つめていました。

(烏)

21時過ぎの控え室

Gazou_117

7509aug17 図の▲7六歩に「渋い!」「それがあったか」「△7七桂成▲同角となれば、▲4四桂の楽しみが残るのか」の声が上がりました。

現在は△4三金右と上がり、▲1一角成に△2二銀と蓋をする順が検討されていまず。

(烏)

20時20分頃

Gazou_116モニターに映る両者。長机には残り時間を知らせる紙が2枚出されている。

「両者とも残り55分くらいです」(対局室から戻った、観戦記担当の鈴木宏彦さん)

(烏)

カテゴリ