カテゴリ「第20期竜王戦七番勝負第1局」の記事 Feed

2007年11月 1日 (木)

大盤解説会2

20_0265

続いて谷川九段と室田女流1級の大盤解説がスタートしました。

20_0266

谷川九段の解説を真剣な面持ちで聞く室田女流1級です。

(零)

2007年10月17日 (水)

伊豆市土肥温泉の風景(3)

20_01165

20_01166

20_01167

(烏)

終局後インタビュー

【渡辺竜王終局後インタビュー】
---渡辺さん、攻めがうまく続いた感じですか?
「そうですね。でも最後わからなかったですけどね」

---勝ちと思ったのは?
「△5八角(112手目)と打ったところですね」

---最後のほうですね。ギリギリでしたか。
「ちょっと攻めが細いのでそんなに自信はなかったですね」

---結構着手が早かったので、読みきっていたのかと思いました。
「飛車を切ってはっきりしたかと思いました。それまではわからなかったですね」

---序中盤のわかれはどうだったでしょうか。
「ちょっと難しくてわからなかったですね。ちょっと…」

---去年は連敗スタートでしたが、今年は白星スタートです。
「そうですね。でも先は長いので」

【佐藤二冠終局後インタビュー】
---どこがまずかったでしょうか
「序盤でちょっと失敗しました。受身になってしまいましたですね」

---▲9六歩のあたりは難しいかと思いましたが。
「いや、でもちょっと苦しいと思ったんですけど、うーん。ちょっと▲1八香あたりも微妙だったかもしれませんね。受身になってしまって勝ちづらい将棋になってしまったんですね」

---黒星スタートとなってしまいましたが
「ええ。次局以降頑張りたいと思います」

(翔)

終局後

20_01162_2
(初戦を制した渡辺明竜王)

20_01163
(敗れた佐藤二冠)

20_01164
(インタビュー終了後、感想戦が始まった)

(翔)

棋譜

先手:佐藤康光二冠
後手:渡辺 明竜王

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲5六歩    △5四歩    ▲4八銀    △4二銀    ▲7八金    △3二金
▲6九玉    △4一玉    ▲5八金    △5二金    ▲7七銀    △3三銀
▲7九角    △3一角    ▲3六歩    △4四歩    ▲6七金右  △7四歩
▲6八角    △4三金右  ▲7九玉    △6四角    ▲3七桂    △3一玉
▲8八玉    △2二玉    ▲3八飛    △8五歩    ▲2六歩    △5三銀
▲1六歩    △1四歩    ▲5七銀    △7三角    ▲9八香    △2四銀
▲4六歩    △3三桂    ▲4八銀    △9四歩    ▲4七銀    △9五歩
▲2五歩    △同 桂    ▲同 桂    △同 銀    ▲2八飛    △2四歩
▲3七桂    △9四桂    ▲2五桂    △同 歩    ▲3五歩    △同 歩
▲2五飛    △2三歩    ▲3五飛    △3四歩    ▲3九飛    △4二銀
▲2九飛    △3三銀    ▲3六銀    △2四銀    ▲1八香    △9三桂
▲9六歩    △8六歩    ▲同 歩    △9六歩    ▲9五歩    △同 角
▲9六香    △8六角    ▲8七歩    △7七角成  ▲同 角    △8六歩
▲同 歩    △8七歩    ▲同 金    △8五歩    ▲9四香    △9五桂
▲9六銀    △8七桂成  ▲同 銀    △8六歩    ▲同 角    △9六銀
▲7七金    △8七銀成  ▲同 金    △8五銀    ▲8三歩    △同 飛
▲8四歩    △同 飛    ▲9五銀    △8六銀    ▲同 金    △8七歩
▲7八玉    △8六飛    ▲同 銀    △5八角    ▲7九桂    △8八金
まで114手で後手の勝ち

(消費時間▲佐藤7時間57分、△渡辺7時間45分)

渡辺竜王、後手番で価値ある先勝

20_01161
△8八金を見た佐藤二冠が駒を投じました。終局18時44分、消費時間は佐藤7時間57分、渡辺7時間45分。

第1局は渡辺竜王が後手番矢倉から鋭く攻めを決め、防衛に向けて価値ある1勝を挙げました。

(烏)

時間切迫

20_01160
佐藤二冠が、ここで考え続けています。
「ここで考えるんじゃ変ですね」(深浦王位)

見る見るうちに時間が減り、残り3分まで考えて▲7九桂と受けました。

(翔)

大盤解説場では

20_01159
阿部八段とゲストの村山四段が解説していました。
図の局面の見解は渡辺よし。渡辺竜王と親交の深い村山四段だけではなく、阿部八段も「これを受け切るのは大変」と話していました。
「すぐに負けるかもしれないけれど、▲9七玉と指さないとダメかもしれない。一分将棋なら絶対に上がりますね」(阿部八段)

(翔)

105手目▲9五銀まで

先手:佐藤康光二冠
後手:渡辺 明竜王

▲7六歩    △8四歩    ▲6八銀    △3四歩    ▲6六歩    △6二銀
▲5六歩    △5四歩    ▲4八銀    △4二銀    ▲7八金    △3二金
▲6九玉    △4一玉    ▲5八金    △5二金    ▲7七銀    △3三銀
▲7九角    △3一角    ▲3六歩    △4四歩    ▲6七金右  △7四歩
▲6八角    △4三金右  ▲7九玉    △6四角    ▲3七桂    △3一玉
▲8八玉    △2二玉    ▲3八飛    △8五歩    ▲2六歩    △5三銀
▲1六歩    △1四歩    ▲5七銀    △7三角    ▲9八香    △2四銀
▲4六歩    △3三桂    ▲4八銀    △9四歩    ▲4七銀    △9五歩
▲2五歩    △同 桂    ▲同 桂    △同 銀    ▲2八飛    △2四歩
▲3七桂    △9四桂    ▲2五桂    △同 歩    ▲3五歩    △同 歩
▲2五飛    △2三歩    ▲3五飛    △3四歩    ▲3九飛    △4二銀
▲2九飛    △3三銀    ▲3六銀    △2四銀    ▲1八香    △9三桂
▲9六歩    △8六歩    ▲同 歩    △9六歩    ▲9五歩    △同 角
▲9六香    △8六角    ▲8七歩    △7七角成  ▲同 角    △8六歩
▲同 歩    △8七歩    ▲同 金    △8五歩    ▲9四香    △9五桂
▲9六銀    △8七桂成  ▲同 銀    △8六歩    ▲同 角    △9六銀
▲7七金    △8七銀成  ▲同 金    △8五銀    ▲8三歩    △同 飛
▲8四歩    △同 飛    ▲9五銀

まで進行しています。

20_01158

(翔)

18時すぎ

20_01157
(検討する立命館大学将棋研究会のメンバー)

(翔)

カテゴリ