« 感想戦 | メイン

2020年6月17日 (水)

囲み取材

感想戦終了後、タイトルを防衛した里見女流王位に囲み取材が行われました。

囲み取材

里見女流王位

── 今回3連勝で通算6期目の女流王位を獲得しました。いまの心境をお願いします。

里見 今回は対局が延期になり、いままでにない状況ではあったのですが、その中で日程を組んでくださり、無事に対局することができて、決まったときはすごく嬉しかったですし、自粛期間に自分がやってきたことを盤上に出せればと思っていました。

── 3月から5月にかけて、公式戦が1局のみでしたが、どのような心境で過ごしていましたか?

里見 やはりタイトル戦ですので、各新聞社の方々にご負担がかかっているのだろうなと思っていまして、自分にできる準備を進めていました。

── ステイホーム期間中は、ご自身の研究などに影響はありましたか?

里見 研究会はなくなりましたが、ほかの職種の方々と比べるとそれほど大きな変化はなかったので、自分のペースで勉強はできていたかなと思います。

── 今回の女流王位戦は3局とも同じ戦型になりましたが、シリーズを振り返って、加藤桃子女流三段の印象も含めて教えてください。

里見 以前、加藤さんと対戦したときは穴熊もありましたが、違う戦型も多かったので、正直3局とも穴熊になるとは思っていませんでした。ただ一局一局、微妙に違った形で指せていたかなと思いますし、加藤さんは穴熊をテーマにされていたのかなと思います。

── 激しい戦いの中、3連勝という結果を残されましたが、ご自身の中で要因に何か思い当たる部分はありますか?

里見 期間が空いて、対局すること自体が新鮮に感じて、盤上に集中できていたかなと思います。自分の悪い部分も出ましたが、次に向けての勉強もできていましたし、コンディションの面でもよかったかなと思います。

── 今回の防衛で、女流タイトル獲得数が通算40期になりました。

里見 そういう結果が残せたことは光栄に思いますが、今回の五番勝負を戦ってみて、修正するべき点も見えましたので、しっかり反省して次の対局に生かせるようにしたいです。

里見女流王位

以上で第31期女流王位戦五番勝負の中継を終了いたします。ご観戦ありがとうございました。第32期もお楽しみに。

(夏芽)

カテゴリ

ブログ内検索

  • Loading
このサイト内に掲載の記事、写真などの一切の無断転載を禁じます。