2020年3月26日 (木)

佐渡支部の方から、さらに差し入れが届きました。

A7307396_2(池田菓子店の「沢根だんご」。沢根だんごは佐渡の名物で、製造後は急速冷凍されるのが特徴。自然解凍したあとコップに氷水を入れて、1個ずつ楊枝で刺した団子をくぐらせるのが本来の食べ方とのこと)

A7307399(佐渡の牛乳を使用したお菓子)A7307401

A7307404(固めのウエハース生地にチョコレートがサンドされていた)

20200326_83図は5七にいた銀を5六に立った局面。次は▲3一飛成△同銀▲2一歩成△同玉▲4五歩が狙い筋です。堅い玉形から攻めをつなげる展開は、渡辺王将が得意とするところ。中川八段は先手が指しやすくなったのでは、と話していました。

Ousho2020032501016812時30分、図の局面で渡辺王将が38分使って昼食休憩に入りました。消費時間は▲渡辺5時間35分、△広瀬5時間18分。昼食の注文は、渡辺王将が「鰤の香味ステーキ定食」、広瀬八段が「鰤漬丼」。対局は13時30分に再開します。

日本将棋連盟佐渡支部から、トキの写真が贈られました。

写真はトキの写真愛好家で、日本将棋連盟佐渡支部の会員でもある小林勝也さんが撮影したものです。

A7307307

A7307312(佐渡支部の方々と中川八段を囲んで記念撮影。写真右端がトキ撮影者の小林勝也さん)

A7307329