2020年1月13日 (月)

Dsc_0856(先勝した渡辺王将)

Dsc_0863

Dsc_0871(広瀬八段は第2局の先手番で追いつけるか)

Dsc_0880

Dsc_0891
本局の中継ブログは以上で終了します。ご観戦ありがとうございました。第2局は1月25、26日(土、日)大阪府高槻市「山水館」で行われます。どうぞお楽しみに。

 

Dsc_0810

Dsc_0801

―― 直近の対決の叡王戦と同じく矢倉になりました。どのような構想で。

渡辺 ▲9六歩を突いてから早囲いにするのは、予定だったのですが、そのあとに具体的なプランがなくて。銀交換になって、いちおう予定ではあったのですが。△9四歩で端攻めを見せられて、対応がなかったのが序盤の誤算です。長考して▲7七金上はちょっと失敗したので、粘りにいく方針で組み立てたのですが。

―― 端攻めを見せられて封じ手になったのですが、一夜もやもやした状態だったと。

渡辺 仕方がないかなと思ったんで。▲7五歩は自分の玉頭なのですが、いかないとジリ貧になってしまうので。

―― 形勢が傾いたと思ったのは。

渡辺 今日の午前中は大変になっていたとは思います。よくなったと思ったのは△5八銀に▲5九銀で手駒が増えていったので。それまでは元が悪そうだったので、いい勝負にはなったかなという認識でやっていました。

―― 封じ手の△6三金に▲2四歩でしたが。

渡辺 △6三金なら▲2四歩は昨晩からの予定で、▲2九飛までは決めていました。そのあとは、かなり怖い変化も多かったですが、進んでから考えようかなと。

―― 今日の昼食休憩でも怖い変化も多かったですか。

渡辺 あそこは長考になって、2択3択で迷っていました。本譜の選択が正しかったどうかはわかりませんが、ほかの変化が怖かったので、いちばん無難な順を選びました。形勢はわからないですけど。

―― 勝ちに近づいたと思ったのは。

渡辺 ▲6三銀で攻めが一手速いかなと思いました。

―― これで幸先よいスタートです。第2局に向けて。

渡辺 まだ始まったばかりですし、第2局までほかの対局もありますし、また近くなったら作戦を練って臨めればと思います。

Dsc_0796

Dsc_0820_2

―― 全体的に広瀬八段が描いていたペースをつかめていたところはあったのでしょうか。

広瀬 序盤の▲9六歩に対応としては、まずまずだったかなと思います。▲7七金上は本意ではないだろうなと思っていました。何か攻勢が取れそうかなと感じていたのですが。強く▲7五歩とこられてしまって、思いのほか攻めが難しかったのが誤算ですね。

―― △8四桂に渡辺王将が長考されましたが手ごたえは。

広瀬 本譜の順がいちばん嫌でしたね。駒の損得はほとんどないのですが、こちらの陣形が狭く、広さと狭さの差が出てしまった気がします。

―― 形勢に差を感じたのは。

広瀬 △5八銀は苦し紛れだったのですが、▲5九銀で差がついてしまったかなと。ただ代わる手段が難しいので、その前にさかのぼるということになるでしょうね。

―― △5五歩のあたりは。

広瀬 △5五歩に▲7四歩をあまり読んでいなくて。あらためて読み直すことになったのですが、そこでうまく攻めが繋がらないと、そもそもあまり局面が芳しくなかったということになります。

―― 第2局は先手番になりますが。

広瀬 先手後手もそうですが、次局以降は差が開かないようにしたいと思います。

Dsc_0804

98

図は△5七歩成とした局面。▲5二金△同飛▲同銀成△同玉▲7二飛△4一玉▲2三飛成で、後手玉が必至がかかる。先手が勝ちに近づいている。

Dsc_0790(終局近しの雰囲気の控室)

 

92

図は△5九銀不成と銀を取った局面。中村修九段は「先手が優勢になったように思います。玉が広く安定しています。5九の銀を取り返して、金銀3枚になれば、▲6三銀が非常に厳しい手になります」と話しています。
▲5九同角△5六歩▲6三銀△5七歩成▲5二金△同飛▲同銀成△同玉▲8二飛△4一玉▲2三飛成が継ぎ盤に並び、これは先手玉が寄らず、先手の勝ち。

Dsc_0746(防衛に向けて好スタートか)