*第69期王将戦七番勝負第7局 Feed

2020年3月26日 (木)

Ousho2020032501016812時30分、図の局面で渡辺王将が38分使って昼食休憩に入りました。消費時間は▲渡辺5時間35分、△広瀬5時間18分。昼食の注文は、渡辺王将が「鰤の香味ステーキ定食」、広瀬八段が「鰤漬丼」。対局は13時30分に再開します。

1日目に続いて、日本将棋連盟佐渡支部から控室に差し入れが届きました。A7307316_2

A7307317(卵とバターをぜいたくに使用した洋風せんべいの「文弥人形芝居」。文弥人形は佐渡市に伝わる国の重要無形民俗文化財に指定されている

A7307323(こちらはアーモンド味。本品は新潟県菓子まつり県知事賞を受賞している)

A7307321_3 (お金持ちになった気分を味わえる金粉せんべい)

A7307097 (アメの表面には小判と書いてあった)

20200326_55

図は4五にいた馬で3四の歩をかすめ取った局面です。以下△2三金▲同馬△2九飛▲5九歩△2三飛成に、あえて▲2五銀が味わい深い一着。すぐに▲3四銀と打てば竜角両取りがかかる形でしたが、△2八竜とされて自陣への侵入を許してしまいます。本譜はいったん重しを載せて竜を封じ込めておき、次の▲3四金に期待しています。

20200326_61