2021年8月25日 (水)

記者会見

場所を移して、王位防衛の記者会見が行われました。
Img_3759(花束を受け取る藤井王位)
Img_3785(色紙を手に記念撮影を行った)
Img_3801
■藤井王位の会見■

――豊島竜王とタイトル戦で初対戦となり、事前にはいろんな戦型を楽しんで指したいというお話もありました。二日制をじっくり戦ってみてのご感想をお願いします。

 序中盤でリードを奪われることが多く、2日制の長い対局だと差が大きく出てしまって、こちらにとって課題が多いシリーズだったと思います。戦型的には相掛かりが3局、角換わりが2局で、それぞれ違う展開になり、豊島竜王と長い持ち時間でいろいろな将棋が指せたのは大変勉強になりました。

――盤外で印象に残ったことはありますか。

 第4局で予定されていた嬉野市の対局が、大雨の影響で変更になってしまって、コロナ禍もあって大変な情強のなか、対局の環境を整えていただいたことに感謝しています。第2局の北海道対局では初めて電車に乗ることもできて、充実した番勝負になったと思っています。

――対戦会場の渭水苑は第37期の王位戦以来の会場となる伝統的な場所です。対局場の感想などがあれば教えて下さい。

 とても落ち着いた雰囲気の対局室で、ご飯もとてもおいしくいただきました。2日目の午後に鉄火丼をいただいたのですが、対局のときは丼ものが食べやすいですし、とてもおいしかったです。

--徳島のファンに向けて。
 ご観戦いただきましてありがとうございます。徳島の地で防衛という結果を出せて、うれしく思っています。
また来年もありますので、いい将棋をお見せできるように精一杯精進していきたいと思います。

――7月の棋聖戦に続いての防衛となりました。渡辺明名人、豊島竜王を相手に防衛した感想は。
 結果を出すことができてホッとした気持ち以上に、トップのお二人に番勝負で対戦する機会を得て、自分に足りない部分が新たに見つかりましたので、それを今後に生かしていければと思います。

――叡王戦に向けての決意は。
 第4局が完敗という結果だったので、最終局は悔い将棋を指せるようにと思っています。

――今期王位戦のなかで印象に残っている将棋は。
 今回の番勝負は、早い段階でこちらが気づいていない好手を指されて、リードされる展開が多かったです。特に第1局の△7四歩~△7三桂~△3三桂と2枚の桂が跳ねてくる構想が印象に残っています。

――着つけの練習もされていたようにうかがいました。

 着つけにかんしては、番勝負が始まる少し前から練習を始めていまして、今回の番勝負をとおして、ある程度覚えられればと思っていました。一応着られるぐらいにはなりましたので、いい経験になった気がします。

――豊島竜王との今年の公式戦結果は7勝3敗と大きく勝ち越しています。ご自身ではどのように思っておられますか。

 内容的には苦戦が多いので、まだまだこちらが足りない部分が多いと思っています。今年1月の朝日杯で初めて勝つことができて、それがいいきっかけになってこの番勝負に臨めたのかなと思います。
豊島竜王とは奨励会のときに将棋を教えていただいたこともあり、タイトル戦の番勝負で戦えるのはうれしいですし、今後もそういう機会を多く持てるように頑張りたいです。

――普段の研究でディープラーニング系のソフトを導入した効果は感じられましたか。

 今回の王位戦は序盤で先行されてしまう展開が多かったので、ディープラーニング系のソフトの強みというのを自分に取り入れるというのには、なかなかまだ至っていない、難しいのかなと思っています。昨年末くらいに、ディープラーニング系のソフトがこれまでのソフトに並ぶくらい非常に強くなっているという話を聞いたので、使ってみようかなと思いました。

――全国のファンにメッセージをお願いします。

 いつもご観戦いただきまして、ありがとうございます。今回の王位戦では、自分の将棋の課題が多く見つかったかなと思うので、それを今後に生かしていければと思います。ABEMAトーナメントや他の棋戦も中継されるかと思いますので、そちらもどうぞよろしくお願いします。