*第59期王位戦七番勝負第1局 Feed

2018年7月 5日 (木)

Img_8638対局者が大盤解説会から戻り、あらためて感想戦が始まった。

Img_8627 菅井王位は粘る相手を振り切って先勝した。

Img_8675 豊島八段は工夫した構想を見せたが今回は実らず。

Img_8654

Img_8665

Img_8691

Img_8684

Img_8705

Img_8667

Img_8692

以上で第1局のブログ更新を終わります。ご観戦ありがとうございました。第2局は7月24、25日(火、水)に兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」で行われます。どうぞお楽しみに。

Img_8601 感想戦の前に両対局者は大盤解説会場へ。大勢のファンの前で感想を語った。

Img_8618

Img_8615「対局が終わったばかりで、まだ頭がボーっとしています」(菅井王位)

Img_8613「△5四角(58手目)と打ったあと、その角を狙われる展開になってしまったので、別の手のほうがよかったのかもしれません」(豊島八段)

Img_8573 終局直後、勝った菅井王位は疲れた様子、豊島八段は落ち着いた雰囲気だった。

Img_8582

【菅井王位の談話】

――本局を振り返っていかがでしたか。
「あまり経験のない形だったので、ちょっとどうやっていいのかわからなかったです」

――仕掛けてからはいかがでしたか。
「形勢判断が難しくて、あまりよくわからなかったです」

Img_8591

【豊島八段の談話】

――封じ手のあたりはいかがでしたか。
「こちらの応対がいろいろ考えられるところなので、何か戦える変化があるかなと思っていたんですけど、考えているうちにちょっと」

――▲5六飛(61手目)に△9九角成と踏み込んだあたりはいかがでしたか。
「こちらがすでにまずい展開になっているかなと思っていました」

――そのあとは辛抱する展開に進みました。
「そうですね。途中からは苦しい展開になったのですが、どこから苦しくなったのかは、ちょっとわからないです」

Oui201807040101133

図の局面で豊島八段が投了を告げました。終局時刻は18時17分。消費時間は、▲菅井7時間0分、△豊島7時間59分。
菅井王位が開幕戦を制しました。第2局は7月24、25日(火、水)に兵庫県神戸市「中の坊瑞苑」で行われます。

109控室では後手が徹底的に最後まで粘ると見ていましたが、豊島八段は△4八歩~△4六桂と攻め合いを決断しました。ただ、いま打たれた▲2六飛が好手で、検討陣は先手勝勢に近い優勢と見ています。

99時刻は17時を回りました。▲6六角までの消費時間は▲菅井6時間16分、△豊島7時間55分。
駒割りは飛車桂交換で先手が駒得になりました。控室では「さすがに差がついてきたか」と言われています。ただ、後手玉が堅いので、先手も一気に決着をつけにいくような勝ち方はできないようです。

「先手は徐々に体力を奪うような指し方が必要です。まだすぐに終わる将棋ではないと思います」(谷川九段)