2021年8月

2021年8月25日 (水)

Img_3130(1手必至。受け方の持ち駒はない)

タイトルは今年10月に出版予定の、武市七段による必至問題集の新刊(マイナビ出版)です。上の写真は武市七段からの挑戦状です。
「必至は相手の受け方までしっかり考えといけないので、1手問題でも難問が多いです。今回の本は相手の持ち駒がなく、初心者の方でも考えやすいように作りました。ぜひチャレンジしてみてください」(武市七段)
Img_3132(答えは▲2三銀。代えて▲1三銀は△2一玉▲3三銀△3一玉▲2二銀右成△4一玉で逃げられる)

相手の持駒なし!寄せの基礎が身につく1手必至

控室では、関係者が詰将棋を考えています。

Img_3599
Img_3601(清水女流七段と)
Img_3602(本田女流三段が挑戦中)

Img_3604(詰将棋の作者は藤井奈々女流初段)

答えは▲3二飛△同玉▲4三飛成△2二玉▲3三銀打△1三玉▲2二銀打△1二玉▲1一銀成△同玉▲1二香△同玉▲3二竜△1三玉▲2二竜まで15手詰めです。