« 淀川を東へ歩く | メイン | いい勝負 »

2022年2月24日 (木)

浦野八段と販売へ

浦野八段と関西将棋会館1階にある販売を訪れました。

Img_2242(浦野八段は販売店に入ると、ショーウインドー内を指差した)

Img_2244(里見女流名人揮毫扇子、「一日一止」が飾られていた)

Img_2257(続いて書籍のコーナーで足を止めた)

Img_2258(浦野八段創作、ハンドブックシリーズの詰将棋本がずらりと並んでいた)

Img_2261(「全本サイン入りです。1冊いかがでしょうか」と浦野八段。ハンドブックシリーズは総発行部数27万部を突破。新作である赤色の5手詰ハンドブックは品切れだった)

(潤)