2018年2月 4日 (日)

感想戦

Dsc_0588(防衛を決めた里見女流名人。ときおり笑顔が見られた)

Dsc_0571

Dsc_0601

Dsc_0595

Dsc_0607(感想戦後、撮影に応じてくれた里見女流名人)

第44期女流名人戦五番勝負は里見女流名人が3連勝防衛で幕を閉じた。本局のご観戦ありがとうございました。第45期女流名人戦をお楽しみに。


(吟)

両対局者 大盤解説会場に

Dsc_0556(大盤解説会場で対局を振り返る両対局者。▲7三歩成(53手目)に代えて、▲9四歩△7四銀▲2五飛(終局後にコメントした▲2五飛と回られる変化)が「気になった」と里見女流名人。以下△3四銀▲9五飛で「自信が持てない」と里見女流名人は話す。しかし▲9五飛に△9二歩と受けられると「わからなくなったので断念した」と伊藤女流二段)

Dsc_0538

Dsc_0541

(吟)

終局直後

Dsc_0517

Dsc_0534(ストレートで防衛を決めた里見女流名人)

―― 第1局と似た形になりまして、積極的に△4五銀といきましたが。

里見 考えながら指していたのですが、飛車交換になって、落ち着けば、手持ちの分、まずまずかなと思っていました。動かれて対処の仕方がわからなくて。昼食休憩明けは自信がなかったです。

―― 形勢を引き寄せたのは?

里見 よくなったと思ったのは、あとのほうですね。△9七竜と引っ張って、少し指しやすくなったかなと。

―― 控室では形勢を損ねるような悪手はなかったといわれていましたが。

里見 局面自体は自信がなかったです。▲2五飛と回られるような変化が気になって。

―― 女流名人9連覇になりました。結果については。

里見 結果を残せたことに関しては、素直にうれしいです。

―― 最強の挑戦者を迎えてのシリーズになりました。里見さんの充実ぶりをよく耳にしたのですが、これまでの8回と手応えの違いなどはありましたか。

里見 準備段階で楽しく、精神的に安定して勉強できたかなと思います。

―― 伊藤女流二段とは今年度4回目のタイトル戦になりましたが。

里見 形勢を損ねたら、逆転をするのは難しいので、最初をしっかり指さないといけないと思っていました。

―― 女流五冠を堅持されまして、ファンのみなさんは、女流六冠制覇を期待すると思うのですが。

里見 まだ足りないところもたくさんありますので、結果というよりも、いい状態で勉強を続けられるように頑張りたいと思います。

―― 三段リーグでも重要な対局が続くと思いますが。

里見 勉強していくしかないので、日々の積み重ねを大事にしていきたいと思います。

―― 来期は大台の10連覇が懸かるシリーズになりますが。

里見 いまは何ともいえないのですが、その時に充実できるようにしたいなと思います。

Dsc_0516

(伊藤女流二段)

―― 序盤はどのように。

伊藤 第1局の反省というか。早めに飛車先を交換してみようかと。それでも△4五銀と出られる形なんですね。

―― 飛車交換から、▲8六飛と打ちましたが成算は。

伊藤 よくできそうな予感がしたので、動いたのですが。飛車交換したら、早めに戦いにしようと思っていました。

―― 昼食休憩のあたりの形勢は。

伊藤 よくできそうな気はしたのですが、わからなかったですね。

―― 本局を振り返ってどうでしたか。

伊藤 選択肢がいろいろ多い将棋で、終始わからなかったです。結果は残念でしたが、また次にいかせるように頑張りたいと思います。

―― 3局を通して、シリーズを振り返ってください。

伊藤 ちょっと第1局、第2局は後悔が残っています。第3局は悔いが残らないようにと思って指していたのですが。結果に繋がらなかったのは残念です。
―― 里見女流名人とは今年度4回目のタイトル戦になりました。ほかの棋戦でもまた当たる可能性があり、超えなくてはいけない相手だと思うのですが。
伊藤 チャンスがつかめなかった対局もいろいろあるので、実力不足だと思います。

―― 来期は女流名人リーグを戦うことになります。今期が全勝で来期も挑戦の最右翼になると思います。抱負を。

伊藤 一局、一局集中して指すだけです。頑張ります。

(吟)

里見女流名人が防衛

20180204a_2

第44期岡田美術館杯女流名人戦五番勝負第3局は、104手までで里見女流名人が制しました。終局時刻は16時1分。消費時間は▲伊藤2時間57分、△里見2時間16分。これによりシリーズ成績は里見女流名人の3勝0敗となり、タイトル防衛が決まりました。里見女流名人は、自身の持つ連覇記録を9に伸ばしました。

(睡蓮)

里見女流名人勝勢

86

図は先手の伊藤女流二段に▲5八銀と使わせて、△8五馬と引いた局面。先手陣はカナ駒を投入して固くなったが、攻め駒が不足している。

Twitter解説の村田顕六段の形勢判断は後手勝勢になっている。

Dsc_0438(強烈な反撃で、勝勢に持ち込んだ里見女流名人)

(吟)

里見女流名人ペースを握る

76

残り時間は▲伊藤女流二段42分、△里見女流名人56分。後手がじわりと△8七角成から△7六馬としたのが図の局面。先手の攻めはやや心細く、後手の里見女流名人がペースを握った。

■Twitter解説■
村田顕弘六段>△6五角から馬を作って急所に配置。落ち着いた素晴らしい指し回しですね。8七に歩が落ちていればすぐに見えるのですが。格調が高い手順です。(後手有利)

Dsc_0441(9連覇に向かって、歩みを進める里見女流名人)

(吟)

臨時大盤解説会場

Dsc_0499(大盤解説会場は事前申し込みで、満員になったため、臨時の大盤解説会場が開かれた。解説しているのは立会人の富岡八段)

Dsc_0502(今期五番勝負の開催を記念して作成された手拭い)

 

グリコピア CHIBA(3)

Dsc_0079

Dsc_0096(工場内の椅子はpapicoの形)

Dsc_0103(試食のpapicoを手渡され、にっこりの里見女流名人)

Dsc_0116(papicoを手に記念撮影。しばらくすると両対局者は「冷たい……です」)

(吟)