第59期王位戦七番勝負第2局 Feed

2018年7月25日 (水)

Img_1006

Img_1100

Img_1095

Img_1056

Img_1081

Img_1074

Img_1091


以上で本局の中継を終了します。第3局は8月1、2日(水、木)北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われます。
ご観戦いただきまして、まことにありがとうございました。

Img_1044 (終局直後の様子)

Img_1041 (快勝で成績をタイに戻した豊島将之棋聖)

【豊島棋聖のインタビュー】

--序盤の駒組みはいかがでしたか?

自然に組んでいたつもりでしたが、封じ手のちょっと前から、あまり自信が持てませんでした。何がまずかったかは、よくわかりません。

--動いてこられての対応となりました。仕掛けの分かれはどうでしたか?

仕掛けられた封じ手のところは、後手からいろいろな手が考えられるので自信はありませんでした。

--その後、2枚換えの変化となりました。
△4七歩成からの2枚換えも嫌な変化でした。

--駒得の展開になりました。
飛車を取り返したあたりで堅さが生きるような展開になったかと思いました。

--勝ちを意識したのはどのあたりですか?
2回目の▲4四歩(93手目)と垂らしたところです。


Img_1049 (敗れた菅井竜也王位)

【菅井王位のインタビュー】

--向かい飛車からの駒組みはいかがでしたか?
あまりうまくいっていない気がしました。

--△6四角~△4五歩の分かれはどのように考えておられましたか?
仕掛けたくなかったんですけど、変わる手も難しかったです。本譜は△4七歩成としましたが、よくなかったですかね。

--2枚換えの展開は?
▲4四歩(65手目)をうっかりしたので、いっぺんに駄目にしてしまいました。

投了図

第59期王位戦七番勝負第2局は、105手で豊島棋聖が勝ちました。終局時刻は15時42分。消費時間は▲豊島棋聖5時間43分、△菅井王位6時間57分。この結果、シリーズ成績は両者1勝1敗のタイになりました。第3局は8月1日(水)、2日(木)に北海道札幌市「ホテルエミシア札幌」で行われます。

99_2
15時25分の局面。控室の評判は「先手勝勢」。次の▲5二歩成を受けるのが難しく、先手玉に迫る手がありません。
控室の継ぎ盤はもう動かされていません。

Img_0758 (緑が美しい道をどんどん歩く)
 

Img_0747 (ヤマザクラやカエデなどの広葉樹が生い茂る。森林浴のスポットとして賑わっている)

Img_0734 (鼓ヶ滝。滝壺に落ちる水音が岩に反響して出る音が鼓のように響いていたことに由来する。しかし、現在はその音を聞くことはできないようだ)