2016年6月 1日 (水)

羽生善治王位-木村一基八段
第57期王位戦七番勝負日程

第1局
7月5日・6日(火・水) 愛知県犬山市「名鉄犬山ホテル」

第2局
7月27日・28日(水・木) 神戸市北区「中の坊瑞苑」

第3局
8月9日・10日(火・水) 北海道旭川市「扇松園」

第4局
8月22日・23日(月・火) 福岡県飯塚市「麻生大浦荘」

第5局
8月30日・31日(火・水) 徳島県徳島市「渭水苑」

第6局
9月12日・13日(月・火) 神奈川県秦野市「元湯 陣屋」

第7局
9月26日・27日(月・火) 神奈川県秦野市「元湯 陣屋」

Dsc_0188 
第57期王位戦七番勝負をお楽しみに。本日はご観戦ありがとうございました。

 

Dsc_0148(終局直後の特別対局室)

Dsc_0150 (3度目の王位挑戦を決めた木村八段)

―― 本局を振り返って、いかがだったでしょうか。

木村 よく分かりませんでした。


―― 桂得は大きいのではないかと思ったのですが。

木村 あまり、いい感じじゃなかったです。


―― 角を切って攻めていきましたが。

木村 無理しているかなと思っていました。(形勢を)悲観していました。


―― これで、また羽生王位に挑戦することになりました。いまのお気持ちは。

木村 王位戦だけ勝ち星が集まったので、ただ運がよかった気がしています。今期はあまり成績が よくないので、恥ずかしくないシリーズにしたいと思います。


―― これまで羽生王位とはタイトル戦を3度戦っています。どのような印象ですか。

木村 相変わらず強いので、ぶつかっていきたいと思います。

Dsc_0153 (豊島七段)

―― 豊島さんは、本局を振り返って、いかがでしたか。

豊島 ▲8六飛とぶつけられた局面は間違えたかなと。ちょっと悪いと思います。


―― 最後はギリギリだったと思うのですが。

豊島 △5四歩と突いたところで、何かなかったかなと。

 

20160601a

▲6七角(投了図)に豊島七段が投了。後手玉は詰めろではありませんが、▲6四成桂~▲6五成桂が受かりません。△4五玉は▲6四桂△5五玉▲2三角成で受けなし。一方の先手玉には迫り方がありません。終局時刻は19時53分、消費時間は両者3時間59分。挑戦権を手にしたのは木村八段。2期ぶり3回目の挑戦を決めました。七番勝負第1局は7月5・6日(火・水)、愛知県犬山市「名鉄犬山ホテル」で行われます。
(文)

__kifu_for_windows_pro_v6_64_03___8次の▲8三角成が受けにくく、先手勝勢との評判だ。▲8三角成は▲6五馬までの詰めろになる。木村八段が王位戦で3度目の挑戦に近づいている。

 

Dsc_0144 (松尾歩八段と片上大輔六段が検討している。「いい将棋だね」の声が聞こえる。後手が中段玉で頑張っている)

Dsc_0145 (熱戦に佐々木勇気五段は思わず身を乗り出す)