2017年5月22日 (月)

本日の結果は以下の通りです。

【紅組】
▲木村一基八段●-○△澤田真吾六段
▲広瀬章人八段○-●△阿部隆八段
▲山崎隆之八段○-●△阿久津主税八段

【白組】
▲豊島将之八段○-●△佐藤天彦名人
▲渡辺明竜王 ●-○△菅井竜也七段(千日手指し直し局)
▲丸山忠久九段○-●△佐々木勇気五段(千日手指し直し局)

最終成績は以下の通りです。

【紅組】

澤田真吾六段  5戦全勝 紅組優勝
木村一基八段  3勝2敗 リーグ残留
広瀬章人八段  2勝3敗
山崎隆之八段  2勝3敗
阿久津主税八段 2勝3敗
阿部隆八段   1勝4敗

【白組】

菅井竜也七段  4勝1敗 白組優勝
豊島将之八段  3勝2敗 リーグ残留
佐藤天彦名人  3勝2敗
佐々木勇気五段 3勝2敗
渡辺明竜王   1勝4敗
丸山忠久九段  1勝4敗

本日の中継は以上で終了いたします。
ご観戦ありがとうございました。

107107手まで丸山九段が勝ちました。終局時刻は23時16分、残り時間は両者ともに1分。勝った丸山九段は1勝4敗、佐々木勇五段は3勝2敗でリーグを終えています。

この結果、白組は4勝1敗で菅井竜也七段が優勝。紅組優勝の澤田真吾六段と挑戦者決定戦を戦います。また、豊島八段のリーグ残留が決まりました。

93時刻は22時45分を回りました。
図の▲5四桂のところ、安全策をとるなら▲8七歩△7六飛に▲4四桂△同香▲5四馬の王手飛車で飛車を抜く順もありました。しかし、丸山九段はその順を選ばず▲5四桂。この手は勝負を決めにいった手のようです。

検討陣の評判は先手勝勢。ただ、先手玉も怖いところはあるため、最後まで油断はできないようです。

76時刻は22時を回りました。▲丸山-△佐々木勇戦は、先手が好調に攻め続けていますが、後手も徳俵で踏みとどまるような粘りを見せており、決め手を与えていません。佐々木勇五段の粘りが功を奏するか、あるいは丸山九段が、粘りを振り切って決めるのか。目の離せない展開です。

65_3図は▲丸山-△佐々木勇戦の21時20分頃の局面。
後手が思いきって攻めていますが、控室の評判は「ここで後手の攻めが見えず自信なし」というもの。「すでに粘りにいく手段を考えるしかない」ともいわれています。プレーオフ進出の懸かる佐々木勇五段ですが、現状は苦境に立たされているようです。