2017年2月14日 (火)

170213_100

第66期王将戦七番勝負第4局は△3七桂成まで、100手で郷田王将が勝ちました。終局時刻は18時27分。消費時間は▲久保7時間53分、△郷田7時間41分。第5局は3月1日(水)から2日(木)にかけて、新潟県佐渡市の「佐渡グリーンホテルきらく」で行われます。

Photo_89 久保九段は飛車を見捨てて金を投入。根性の粘りを見せました。しかし、△5四角と飛車を落ち着いて取られて、控室では終局に備える動きが出始めています。

Photo_91 (18時ごろ、対局室への移動に備え、コートを着た井上九段)

 

Photo_88 郷田王将はノータイムで△4五角と飛車取りに打ちました。また△2五桂以下の寄せも見せており、決め手になっていてもおかしくありません。控室は慌ただしくなってきました。

Photo_86 図から△4八金▲3九角△同金▲2八銀(下図)と進行しました。

Photo_87控室ではここで△2九金が示されており、対して▲同銀は△2五桂と打ち、(1)▲1八玉は△4五角が詰めろ飛車取り。(2)▲2六玉は△3四桂で寄り筋で、久保九段が△2九金を軽視している可能性もあるのではないかと言われています。

Photo_85 図は久保九段が▲4九金と打って、美濃囲いを再生させた局面。このあと、△2八銀不成▲同玉となれば、さらに美濃囲いに玉が戻る形となります。今シリーズ、久保九段の玉に耐久力がある展開が続いていますが、控室では「本局もそうなりそう」と話されています。