第50期決勝三番勝負第2局 Feed

2019年10月21日 (月)

午後のおやつ

14時30分、おやつとして「モンブラン」と「ダージリンティー」が両対局者に出されました。

Dsc_75991

Dsc_76031

(睡蓮)

伊藤真吾五段が来訪

14時15分頃、伊藤真吾五段が控室に顔を見せました。

Dsc_75971 (親交の深い佐藤紳七段と並んで、意見を交わす)

Dsc_75921_2 (カメラサービスで厳しい表情を作ってくれた)

Dsc_75941

(睡蓮)

角打ちで対抗

20191021e時刻は14時を回りました。前記事の▲5五同角に高野四段は36分の考慮で△5五同銀と応じ、▲5五同飛に△6四角(図)と、もらったばかりの角を打って対抗しました。以下(1)▲8五飛は△同飛▲同桂△3四歩で、後手の2枚の角がよく働いているという意図と思われます。先手が(2)▲5六飛と引けば△5五歩で、流れはまた一時的に落ち着くのかもしれません。早指しだった高野四段が午後に入って時間を使い出し、両者の消費時間はほぼ同じくらいになっています。

Dsc_74941 (高野四段)

角銀交換をいとわず

20191021d13時28分、後手が△5五歩と2五飛の横利きを止めたのに対し、先手の増田六段が2分の少考で▲5五同角(図)と踏み込んでいきました。以下△5五同銀▲同飛となれば先手は角銀交換の駒損ですが、▲8五飛とぶつける筋が復活し、左右の桂も好機に使えそうな形。形勢はまだ不明ですが、いずれにしても本格的な戦いが始まりそうです。

Dsc_75691 (積極的な指し回しの増田六段)

(睡蓮)

13時過ぎの控室

Dsc_75891 (佐藤紳七段が検討中。盤を挟んでいるのは、しんぶん赤旗の観戦記を担当する木屋太二さん)

Dsc_75911 (渡辺弥生女流初段も姿を見せている。先日の三番勝負第1局の観戦記を担当した)

(睡蓮)

対局再開

Dsc_75641 (再開直前の対局室。高野四段は、休憩中もほとんど盤の前を離れなかった。増田六段が戻ったのは、12時30分頃)

Dsc_75791 (再開を告げられると、増田六段はすぐに盤上に手を伸ばす)

Dsc_75821 (再開の一手は▲3六歩だった)

Dsc_75841 (鋭い視線の高野四段)

Dsc_75851 (午後の戦いに入った)

(睡蓮)

昼食休憩時の対局室

Dsc_75631 (高野四段が盤の前で考え続けている)

(睡蓮)

昼食休憩に入る

20191021c_2

図の△4二銀に増田六段が17分使ったところで正午になり、昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲増田1時間18分、△高野23分。昼食の注文は、増田六段が「うな重(松)、肝吸」(ふじもと)。高野四段は注文なしでした。対局は12時40分に再開されます。

Dsc_75621(増田六段の昼食)

Dsc_75601

(睡蓮)

指し手が進む

20191021c図は11時45分頃の局面。要所でまとまった時間が使われる以外は、ともに早指しで進めています。特に高野四段のほうは決断がよく、通計でまだ23分しか使っていません。

Dsc_75341 (高野四段)

(睡蓮)

意欲的な角出

20191021b

図は、増田六段が16分の考慮で▲6六角と出たところ。後手の浮き飛車に対して、直接的に働きかけました。あまり見ない指し方ですが、本局のために特別に用意してきた作戦でしょうか。以下は△8二飛に、増田六段はさらに20分使って▲6八玉としました。控室の佐藤紳七段は、ここからは高野四段のほうも時間を使うだろうと話しています。

Dsc_75211 (増田六段)

Dsc_75181 (高野四段)

Dsc_75571 (記者に解説中の佐藤紳七段。「▲6六角は意欲的ですね」とのコメント)

(睡蓮)