« 感想戦 | メイン

2021年10月11日 (月)

囲み取材

感想戦後に囲み取材が行われました。

Dsc_4784

――局後にホッとしたのが正直なところとおっしゃっていました。喜びよりも安堵なのか、どのような思いでしょうか。
伊藤 喜びもありますが、棋士になって結果を残せていなかったので一つ結果を出せてホッとしています。

――昨日、19歳の誕生日を迎えられました。
伊藤 棋士になって1年たったところで一つ結果を残せたのはよかったと思います。

――今年、ABEMAトーナメントの出演でファンも増え、活躍をさらにされている印象があります。
藤井三冠に指名されて優勝したことはご自身にとって、どのような経験でしたか。
伊藤 藤井さんとお話しする経験がほとんどなかったので、一緒に戦わせていただいて非常に勉強になる時間でした。将棋を見ていて、読み筋を聞かせていただいて非常に勉強になりました。将棋以外の話はあまりしなかったです。

――デビューの1、2ヵ月、なかなか星が伸びませんでした。どのようなお気持ちだったでしょうか。
伊藤 デビュー戦から2連敗して、なかなか勝ち星が出なかった時期は焦りはありましたね。

――快進撃を続けていますが、何か気持ちや技術的な変化として、どのように上向かせたのでしょうか。
伊藤 ちょっとわからないというのが正直なところ。たまたま結果がついてきているのだと思います。

――棋風が三段のころと変わったように見えますが。
伊藤 自分にはわからないです。

――新人王戦優勝で手応えはありますか。
伊藤 一つ棋戦で優勝できたことは、たしかにこれから先のモチベーションも上がると思います。

――いろんな棋戦で活躍できればということでしたが、トップ棋士と対戦したいとか、誰々と対戦したいとかだとありますか。
伊藤 タイトル戦の本戦入りは目標にしていきたいですね。

――ほかの人の将棋で、刺激になった、ここに注目しているとかありますか。
伊藤 やはり同い年の藤井さんの活躍はいつも刺激になっています。
タイトル戦で戦いたいという気持ちはありますが、実力差があるので棋譜を見て勉強させていただいている状況。

――同い年で藤井三冠がいます。どのように感じていますか。
伊藤 自分も少しでも追いつければと思っています。

――藤井三冠と同い年ということで、常に質問されたりして大変と思うこともありますが、一方で羽生世代は周りがいたから自分も活躍できたとも言います。伊藤さんはどうでしょうか。
伊藤 藤井さんが活躍されているので、自分ももっと勉強しなければならないという気持ちになります。

――最近は研究は人と会って指すのが多いのか、一人で研究するのが多いのか、どちらでしょうか。
伊藤 対面で指すのを多くやっているほうだと思います。自宅で集中し続けるのも難しいと思っています。

Dsc_4793001

――昨日は誕生日でした。お祝いや激励はありましたか。
伊藤 ケーキを買ってくれて、夜はそれを食べました。

――古賀四段は四段同期です。また、三番勝負でした。特別な気持ちはありましたか。
伊藤 そうですね。負けると、先を行かれる格好になるので、負けたくない気持ちは強かったですね。

――以前、中日ドラゴンズの試合を全試合見ていると聞いて、エッとなったのですが、その後はどうなのでしょうか。
伊藤 最近はほとんど見ていないのが実情です。将棋に集中したいということにしていただければ。

――ABEMAトーナメントでファンになった方も多かったと思います。声援が励みになることもあったのでしょうか。
伊藤 ネット上でも反響をいただいたと聞いて、とても励みになりました。

――藤井三冠にABEMAトーナメントでの指名を受けてから公式戦の成績が上がったように思います。どこか変化させた棋戦なのでしょうか。
伊藤 注目される舞台にということで、恥ずかしくない将棋を指さないようにという気持ちはあったかもしれません。

――今回の新人王戦を振り返っていかがでしたか。
伊藤 新人王戦は途中、準々決勝の古森五段戦はかなり苦しかったです。ここまで勝ち上がってこられたのは運がよかったと思います。
新人王になったからには、ほかの棋戦も活躍していかねばという気持ちはあります。

――師匠の宮田八段は新人王戦では準優勝でした。
伊藤 それは知りませんでした。こんなこというと怒られそうですが、師匠が取れなかった新人王を取れてうれしいです。

――本局は矢倉でした。予想していましたか。
伊藤 はい。本命でした。矢倉に対しては、急戦調の将棋を多く指しているので今日もいつも通りに指そうと思いました。

――2局とも悪いところはあまりなかったといえると思います。その中でも反省点はありますか。
伊藤 本局は序盤で苦労したので、その精度を上げていきたいと思います。

Dsc_4796 (取材に答える伊藤四段)

更新は以上となります。来期も若者の戦いにご注目ください。
ご観戦ありがとうございました。
(銀杏)