2019年1月 7日 (月)

Dsc_2725 (清麗戦で最初の勝利者は谷口女流二段)

Dsc_2714 (敗れた清水女流六段。2敗失格制は巻き返しのチャンスがある)

Dsc_2734 (感想戦の様子)

Dsc_2747

Seirei20190107010169gifやはり駒得は大きかったでしょうか。図の局面は後手優勢と見られています。すぐに攻めるなら(1)△5八成香が有力。(2)△5二歩も堅実な手です。


Seirei20190107010160gif_2図は13時43分の局面。盤上に大きな変化がありました。先手は壁角を解消しつつ、後手のと金を消すことに成功。これは大きなポイントです。ただ、後手もその間に桂香得を果たしました。それぞれ異なる主張を手にして終盤戦に入ります。難しい戦いです。


Seirei20190107010147gif図の局面で谷口女流二段が7分使って昼食休憩に入りました。休憩時間は12時から40分間。消費時間は▲清水57分、△谷口1時間2分(持ち時間は各2時間)。谷口女流二段の出前注文は「たぬきそば」(ほそ島や)。清水女流六段の注文はありませんでした。


Dsc_2708 (たぬきそば=ほそ島や)

Seirei20190107010142gif図は11時40分の局面。王手飛車取りがかかりました。▲7七玉△2八角成▲5四と進んで駒の損得はありませんが、先手の8八角と後手の2八馬では、馬のほうがはるかに働いています。後手が一本取ったといえそうです。


Dsc_2606 (急戦から技をかけた谷口女流二段)

Seirei20190107010130gif

先手居飛車、後手中飛車の対抗形になりました。定番の銀対抗に進むかと思われましたが、谷口女流二段は5四銀型を採用。23手目▲3五歩で戦いが始まり、と金が早くもできました。先手は駒割りこそ角銀交換で駒得ですが、と金と玉の近さが気になります。


Dsc_2650_2 (清水女流六段は図の局面で手を止めている)

Dsc_2637 (清水市代女流六段)

Dsc_2621 (谷口由紀女流二段)

Dsc_2653 (振り駒は清水女流六段の振り歩先で歩が3枚。清水女流六段の先手)

Dsc_2666 (定刻10時、ヒューリック杯清麗戦の幕が開けた)

Dsc_2671 (記念すべき初手は清水女流六段の▲2六歩)

第1期ヒューリック杯清麗(せいれい)戦は2019年1月7日(月)、予選1回戦の清水市代女流六段-谷口由紀女流二段戦で開幕します。2011年度以来、8年ぶりの女流タイトル戦創設で、女流棋戦は7大タイトル制になりました。

清麗戦は現役女流棋士のみで争われ、今期は62人が参加します。タイトル称号は「清麗」。予選は6勝通過・2敗失格制。第1期は予選を勝ち抜いた4人で本戦が行われ、本戦の初戦を勝った2人の決勝五番勝負となります。持ち時間はすべてチェスクロック方式で、予選は各2時間、本戦は各3時間、五番勝負は各4時間です。

【主催:ヒューリック株式会社】
https://www.hulic.co.jp/

【予選組み合わせ】
https://www.shogi.or.jp/match/seirei/1/yosen.html

【清水女流六段-谷口女流二段戦 棋譜中継ページ】
http://live.shogi.or.jp/seirei/kifu/1/seirei201901070101.html