第27期倉敷藤花戦三番勝負第1局

2019年11月10日 (日)

手抜いて攻め合う

2019111052 図は里見倉敷藤花が△6五桂と角取りに桂を跳ねだした局面。ここで伊藤女流三段は▲5四歩と、角取りを逃げずに5筋の歩を突き出しました。対して、△7七桂成は▲6四飛で悪いと見たか、里見倉敷藤花は△5四同飛と応じると、以下▲2二角成△同玉▲6三角(下図)と進行しました。この順を見た西村立会人は「これは振り飛車がよさそうですね」と、先手持ちの見解を示しています。

2019111057

華水亭(2)

Photo_54 (華水亭は自然源泉を持つ温泉旅館で、建物の前に、温泉が吹き出るオブジェがあった)

Photo_55 (華水亭を出ると、すぐそこは日本海が一面に広がっていた)

Photo_56 (おとなしかった海が、突如、波打ち始めた)

Photo_57 (対局室から、この荒波が見えているだろうか)

(潤)

大盤解説会(2)

Photo_66 (13時前、大盤解説会場には120人の将棋ファンが詰め掛けていた)

Photo_67 (13時、拍手に迎えられて解説者が登壇した)

Photo_68 (「さー、解説会をはじめましょう、あ、棋譜がいるんだ」と、お茶目な加藤女流三段)

Photo_69

Photo_70

Photo_71

Photo_72

(潤)

大盤解説会(1)

12 (大盤解説会場は華水亭2階で行われる)

13 (大盤解説会が行われる「桜の間」)

Photo_65 (スタンバイする解説者と聞き手のふたり)

11 (入り口付近にきれいな花が飾られていた)

(潤)

対局再開

Photo_59 (12時50分、伊藤女流三段はすでに対局室に入って考えていた)

Photo_60 (12時57分、里見倉敷藤花が対局室に戻った)

Photo_61 (13時、対局が再開された)

Photo_62 (対局が再開されても里見倉敷藤花の手は動かなかった)

Photo_64

 

昼食休憩時の対局室

Photo_50 (昼食休憩時の盤面)

Photo_51 (先手玉、錦旗書)

Photo_52 (後手玉、棋楽師作)

Photo_53 (昼食休憩時の対局室)

(潤)

昼食(2)

昼食紹介の続きです。

Photo_46

Photo_47

Photo_48

Photo_49

10 (昼食後のデザートとして出されるフルーツ)

(潤)

昼食(1)

昼食である華水亭の松花堂弁当を紹介します。

Photo_41 (華水亭の松花堂弁当)

Photo_42

Photo_43

Photo_44

Photo_45

(潤)

昼食休憩

2019111041 図の局面で12時になり、昼食休憩に入りました。ここまでの消費時間は▲伊藤1時間10分、△里見49分(チェスクロック使用)。昼食時の注文はともに華水亭の松花堂弁当。対局は13時に再開されます。

伊藤女流三段が長考

2019111037 図は11時35分頃の局面。伊藤女流三段はこの▲6八飛に、35分を超える時間を投入する長考を見せました。控室ではこの手は斎田女流五段が予想していました。

Photo_73 (朝、対局室での斎田女流五段)

(潤)